UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21762

Spartan-3 DCM - DCM がロックを取得し始めるタイミング

説明

キーワード : ICAP, persist, contention, override, 維持, 競合, 上書き

DCM がロックを取得し始めるのはいつですか。

ソリューション

DCM は、GHIGH_b 信号が解放されるとすぐにロックを取得し始めます。 AGHIGH のディアサートは、最終フレーム ライト (LFRM) コンフィギュレーション コマンドの一部です。 GHIGH_b のディアサートにより、クロック パッドから DCM の CLKIN ピンまでの入力クロック パスと、クロック フィードバック パスがイネーブルになります。 GWE、GSR、GTS はアクティブですが、これらの信号は DCM に影響しません。 DCM のリセット ピンがアサートされない限り、DCM はこの時点でロックの取得を開始します。

DCM に外部フィードバックがある場合、スタートアップ シーケンスで GTS が解放されるまで、フィードバック クロックは DCM CLKFB ピンに現れません。 したがって、DCM は安定した入力クロックやフィードバック クロックなしで、長い間ロックを取得しようとします。 このため、スタートアップ シーケンスが終了したら、常に DCM をリセットすることをお勧めします。 リセット パルスなしでは、DCM は全くロックできないか、最適のポイントでロックできないかもしれません。より大きいクロック サイクル レイテンシが DCM にあるため、若干のジッタが発生する可能性があります。
AR# 21762
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加