AR# 21769

|

LogiCORE Reed Solomon Decoder v5.1 - 2 チャネルのデコーダで処理遅延 142 が不正という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : Reed Solomon, warning, processing, 142, リード ソロモン, 警告, 処理

Core Generator を使用して 2 チャネル (104, 96) の Reed Solomon Decoder を生成すると、次のような警告メッセージが表示されます。

"Processing Delay: 142, Must be less than 105 for continuous code blocks."

1 チャネル (104, 96) デコーダではこの警告メッセージは表示されず、処理遅延は 72 と表示されます。2 チャネル デコーダの処理遅延は約 2 倍になるのは妥当です。

2 チャネル デコーダの警告メッセージは間違っていますか。

ソリューション

2 チャネル デコーダでは、208 クロック周期で 2 つのコード ブロックがインターリーブしているため、少なくとも 208 クロックの間新しいコード ブロックを開始させることはできません。これは 104 クロックの処理遅延よりもかなり短いです。

このエラーは、GUI の既知の問題です。コア自体には問題がなく、正常に機能します。処理遅延は約 2 倍になりますが、連続するコード ブロックに許容されるサイクル数も 2 倍になります。データシートの 14 ページを参照してください。


LogiCORE Reed Solomon Decoder のリリース ノートと既知の問題は、(Xilinx Answer 30176) を参照してください。
AR# 21769
日付 05/13/2009
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed