UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21938

7.1i IP アップデート 3 CORE Generator - リリース ノートおよび既知の問題

説明

キーワード : networking, Ethernet, MAC, XAUI, gigabit, SPI, SPI4, SPI42, SPI-4.2, SPI4.2, PL4, GFP, Tri-Mode, generic, framing, procedure, SONET, system, packet, interface, fibre, channel, DVB-ASI, FIFO, fifo16, cam, asynchronous, 8b10b, decoder, ip4_g, embedded, Aurora, wrapper, PCI, PCI-X, PCI32, PCI64, PCIX, counter, DSP, Binary Counter, Comparator, Complex Multiplier, Distributed Arithmetic FIR Filter, DVB S2 FEC Encoder, Floating-point Cores, MAC, MACC, Pipelined Divider, RAM-based Shift Register, TCC Encoder 3GPP, LogiCORE, COREGen, IP アップデート, リリース ノート, 既知の問題

ソリューション

1

この IP アップデートに含まれる IP のリリース ノートおよび既知の問題

- Dual Port Block Memory v6.3 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21946)
- Embedded Tri-mode Ethernet MAC Wrapper v3.1 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21903)
- FIFO Generator v2.2 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21848)
- LogiCORE PCI/PCI-X および PCI/PCI-X UCF Generator のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21943)
- SPI-4.2 v7.3 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21918)
- SPI-4.2 Lite v3.0 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21919)
- SPI-3 PHY v4.0 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21920)
- SPI-3 Link v4.0 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21921)
- DSP IP のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21942)
Fast Fourier Transform v3.2
DVB S2 FED Encoder v1.0


IP3_H 用にアップデートされたアンサー

- LogiCORE Gigabit Ethernet MAC v6.0 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21043)
- LogiCORE Tri-mode Ethernet MAC v2.1 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21044)
- LogiCORE Ethernet 1000BASE-X PCS/PMA または SGMII v6.0 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21045)
- LogiCORE 10 Gigabit Ethernet MAC v6.0 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21046)
- LogiCORE Ethernet Statistics v1.1 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21055)
- LogiCORE Fibre Channel v2.0 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21048)
- LogiCORE XAUI v6.0 のリリース ノートおよび既知の問題 (Xilinx Answer 21047)

2

一般的な既知の問題

6.1i COREGen - CORE Viewer で XST ベースのコアのリソースの使用が誤ってレポートされる (Xilinx Answer 14676)
6.3i CORE Generator - 「ERROR:NgdBuild:76 given for Core Generator .ngc file.」」というエラー メッセージが表示される (Xilinx Answer 20483)
7.1i CORE Generator - Core Viewer データを確認できない (Xilinx Answer 20692)
7.1i CORE Generator - 「Could not reserve enough space for object heap」および「Could not create the Java virtual machine」というエラー メッセージが表示される (Xilinx Answer 20708)
7.1i CORE Generator - 「ERROR:coreutil:195 - Could not create Java virtual machine」というエラー メッセージが表示される (Xilinx Answer 20780)
7.1i CORE Generator - 「ERROR:sim:4 - Could not create clean working directory \\<unc_path>\myproj\tmp\_cg.」というエラー メッセージが表示される (Xilinx Answer 20721)
7.1i CORE Generator - デバイス ファミリにオートモーティブまたは Virtex-II Pro X を選択すると IP が使用できない (Xilinx Answer 20765)
7.1i CORE Generator (日本語版) - コンポーネント名に「_」 (アンダースコア) を使用すると、「|」 (パイプ文字) で表示される。 106 型日本語キーボードを使用しているマシンで発生するこの問題については、(Xilinx Answer 15312) を参照してください。
7.1i CORE Generator - フォーマル検証スクリプト、core2formal_wrp、を実行するとエラーが発生する (Xilinx Answer 20715)
7.1i CORE Generator - カスタマイズ GUI を開こうとすると、選択した IP コアのデータシートが表示される (Xilinx Answer 21364)
7.1i HDL Parsers - 「ERROR:HDLParsers:3281 - "<filename>" Line <line number>. behavioral is not an architecture body for <core_name> in library XilinxCoreLib」というエラー メッセージが表示される (Xilinx Answer 21938)

3

次のいずれかの方法で IP アップデートをインストールします。

方法 1 : アップデート インストーラを使用した自動アップデート

1. CORE Generator のメイン ウィンドウで [Tools] -> [Update Installer] をクリックして、アップデート インストーラを起動します。
プロキシ ホストを指定するメッセージが表示された場合は、システム管理者に連絡し、プロキシ ホスト アドレスおよびポート番号を確認してください。
3. [Available Packages] から [ISE 7.1i IP Update 3 (FTP)] または [ISE 7.1i IP Update 3 (HTTP)] を選択します。
3. [Add To Install Queue] をクリックし、ZIP ファイルをキューに追加します。
ログイン名およびパスワードを入力するダイアログ ボックスが表示された場合、IP アップデートやソフトウェア サービス パックをダウンロードするときに使用するザイリンクスのログイン名とパスワードを入力してください。
4. [Install All Packages From Queue] をクリックして、ダウンロードを開始します。
アップデートのダウンロードが完了すると、CORE Generator を終了し、ダウンロードしたアーカイブをインストールすることを示すメッセージが表示されます。 アップデートのインストールが完了すると、完了を知らせるメッセージが表示され、CORE Generator を再起動できます。
5. アップデートが正しくインストールされたことを確認するには、次のファイルを確認してください。
C:\Xilinx\coregen\install\install_history

メモ : 上記は、ザイリンクス ソフトウェアが C:\Xilinx にインストールされている場合です。

方法 2 : 手動でのインストール

1. CORE Generator を起動している場合は、閉じます。
2. 次のサイトから ZIP ファイル (PC の場合) または tar.gz ファイル (UNIX の場合) をダウンロードし、一時ディレクトリに保存します。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp?update=ip&software=7.1i

メモ : このページにアクセスし、ファイルの一覧が記載されているページを表示するには、CORE Generator IP アップデートにアクセスするための登録を行う必要があります。

3. ソフトウェアをインストールしたルート ディレクトリで、ZIP (71i_ip_update3.zip) または tar.gz (71i_ip_update3.tar.gz) ファイルを解凍します。 既存のファイルはすべて上書きされるようにし、アーカイブで定義されているディレクトリ構造が保持されるようにします。

PC の場合
WinZip 7.0 SR-1 以降を使用して ZIP ファイルを解凍します。 Xilinx ソフトウェアのインストール ディレクトリは、デフォルトを使用した場合は C:\XILINX となります。 このディレクトリの場所は、DOS コマンド ラインに次を入力すると、確認できます。

echo %XILINX%

メモ : WinZip を使用してファイルを抽出する際には、[Use Folder Names] をオンにする必要があります。


UNIX の場合
UnZip を使用して ZIP ファイルを解凍します。 tar.gz ファイルをダウンロードし、UNIX コマンド ラインの gunzip および tar を使用して解凍することをお勧めします。 tar.gz ファイルを抽出するのに、WinZip および GNU tar は使用しないでください。これらのユーティリティでは、長いパス名を扱う方法が異なります。 詳細は、(Xilinx Answer 11162) を参照してください。

既に ISE ソフトウェアがインストールされている場合は、ザイリンクス インストール ディレクトリの場所は、セットアップ スクリプトで定義された XILINX 変数値になります。 ザイリンクス セットアップ スクリプトを source コマンドで実行した後、「echo $XILINX」を入力してザイリンクス インストール ディレクトリの場所を確認します。

このアップデートをインストールするには、システム管理者の権限が必要な場合があります。

4. CORE Generator を再起動します。 起動中に新規 IP が自動的に検出され、追加されます。 このとき、現在作業中の CORE Generator プロジェクトに表示する IP コアを指定できます。 現在のプロジェクトに対し、次の選択ができます。
- [All] : カタログ内のすべてのコアの最新バージョンのみを表示
- [New] : 新規コアのみを表示に追加します。
- [Custom] : 表示するコアを手動で選択します。

5. CORE Generator の GUI で新規コアが表示されていることを確認して、インストールが完了したことを確認します。

4

サポートされる OS

- Windows 2000 Professional (サービス パック 2 ~ 4)
- Windows XP Home (サービス パック 1)/Professional (サービス パック 1)
- Sun Solaris 8/9
- Linux Red Hat Enterprise 3.0 (32 ビットおよび 64 ビット)

ツール要件

この IP アップデートを使用するには、ISE 7.1i サービス パック 4 以降をインストールしておく必要があります。 ISE 7.1i サービス パックは、次のサイトからダウンロードできます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp

Acrobat Reader の要件

コアのデータシートを表示するには、Adobe 社の Acrobat Reader バージョン 5 以降をインストールする必要があります。 最新の Acrobat Reader は、次のサイトからダウンロードできます。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep.html

IP コアを検索するには、次のサイトを使用してください。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xebiz/search/ipsrch.jsp

ご意見、ご質問、または問題がありましたら、テクニカル サポートまでご連絡ください。
http://www.xilinx.co.jp/support/techsup/tappinfo.htm

5

新機能

今回のリリースに含まれるコア

次のサイトには、IP3_H で使用可能な IP のリストが記載されています。新規コアまたは最新バージョンのコアには、アスタリスク (*) が付いています。
http://www.xilinx.co.jp/ipcenter/coregen/coregen_iplist_71i_ip3.htm

メモ : IP アップデート 3 には、IP アップデート 1 および 2 に含まれているコアがすべて含まれています。

CORE Generator の新機能

- 新たに開発された C++ をベースとした IP カスタマイズ GUI により、このリリースに含まれているほとんどの最新バージョンのコアをより迅速に読み込んで表示できるようになりました。
- デバイスのアーキテクチャ ファミリの情報だけではなく、デバイス特定のデータがカスタマイズ GUI に渡されるようになりました。 この機能により、指定した特定のデバイス用にコアを最適化でき、また指定デバイスには大きすぎるコアは生成できないようになりました。

6

MXE シミュレーション ライブラリ

この IP アップデートに含まれるコアを使用する場合、XilinxCoreLib ライブラリをアップデートする必要があります。 最新のコンパイル済み MXE ライブラリの入手方法については、(Xilinx Answer 10616) を参照してください。
AR# 21938
日付 12/13/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加