UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22072

7.1i Timing Analyzer - Timing Analyzer GUI を使用するとワースト ケースのタイミング値が温度用に使用されない

説明

キーワード : timing analyzer, TRACE, trace, worst case, temperate, prorating, 6.3, Virtex II PRO, Virtex-II Pro, ワースト ケース, 温度, 比例配分

重要度 : 標準

概要 :
Virtex-II Pro で電圧が比例配分されるときに、特性評価されたタイミングは変化してはならないのですが、6.3.3i Timing Analyzer で、温度が変化するとタイミングも変化してしまいます。 値をデフォルト設定のままにしておくと、実行されているコマンド ラインと同じ値が得られます。 電圧を 1.425V または 1.575V に変更すると、タイミングが遅くなり、制約が満たされなくなります。 正しいワースト ケース値を得るには、電圧を 1.4V に変更する必要があります。

ソリューション

ワースト ケース値を得るには、Timing Analyzer で電圧を 1.4V に設定するか、コマンド ラインで任意の電圧設定で TRACE を実行します。
AR# 22072
日付 01/18/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加