UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22135

MIG 1.4 - 生成された DDR SDRAM または DDR2 SDRAM コントローラを 135MHz 未満の周波数で実行できるか

説明

キーワード : memory, interface, generator, ddr, reset, bug, メモリ, インターフェイス, ジェネレータ, リセット, バグ

生成された DDR SDRAM または DDR2 SDRAM コントローラを 135MHz 未満の周波数で実行できますか。

ソリューション

既存の MIG 1.4 デザインは、135MHz までしかテストされていません。

135MHz 未満の周波数では、mem_interface_top_tap_ctrl モジュールを変更する必要があります。 既存のコードで、検出される DQS のエッジが 1 つだけの場合、データを遅延させるために必要なタップ数は、最初のエッジを検出するために必要なタップ数に 16 タップを加算した値になります。 位相関係によって、最初のエッジを検出するために 48 タップがかかる場合、16 タップを加算すると、6 ビットのタップ カウンタは 0 (ゼロ) に戻ります。 この場合、補正ロジックが再び最初から開始され、それがいつまでも繰り返されます。

最初のエッジが 40 以上のタップ数で検出される場合は、その半分のタップ数でデータを遅延させることをお勧めします。 これによって、リード イネーブル ロジックも変更されます。 デザイン ファイルはこのように修正されており、ハードウェアでテストされています。 MIG 1.5 以降では、これはソース ファイルに組み込まれます。 以前のバージョンのコントローラの場合、変更された次のソースをダウンロードしてください。 パッチ ファイルは、ハードウェアでテスト済みです。

低い周波数では、MAXDELAY 制約を緩めることができます。 PERIOD 制約が次のように FFS(*) なしで指定されている場合は、MAXDELAY 制約は必要ありません。

NET "infrastructure0/SYS_CLK_IN" TNM_NET = "SYS_CLK";
TIMESPEC "TS_SYS_CLK" = PERIOD "SYS_CLK" 8.00 ns HIGH 50 %;

http://www.xilinx.com/txpatches/pub/applications/misc/22135.zip

AR# 22135
日付 03/20/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加