UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22293

プラットフォーム ケーブル IV - 「ERROR: Device Control LPT_WRITE_CMD_BUFFER Failed」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : PC4, iMPACT, PCIV, PC-IV, Parallel-IV, パラレル ケーブル

パラレル ケーブル IV を使用すると、iMPACT のログ ウィンドウに次のようなエラー メッセージが表示されます。

''DeviceIoControl LPT_WRITE_CMD_BUFFER Failed.''

これはなぜですか。

ソリューション

これは、一部のコンピュータでケーブルを使用する際に断続的に発生する問題です。 この問題は、パラレル ポートが原因で発生します。 USB プラットフォーム ケーブルは、この問題に影響されませんので、6MHz で使用できます。

最新のプラットフォーム ケーブル IV はフィールド テスト済みです。 最新版では、ケーブルの動作が改善され、少数のお客様から報告されていた通信の問題についても修正されています。 お試しになりたい場合には、ザイリンクス テクニカル サポートまでお問い合わせください。
http://japan.xilinx.com/support/services/contact_info.htm

ほかのソフトウェアがパラレル ポートを使用してハードウェアにアクセスしていないことを確認してください。 プリンタ、ドングル、またはパラレル ポート上のハードウェアを認識するソフトウェアなどが原因となる場合もあります。

iMPACT で [Output] → [Cable Setup] からケーブルの速度を変更してください。 パラレル IV ケーブルが原因であれば、[Cable Setup] でパラレル III ケーブルとして接続してみてください。

ソフトウェアが使用できる場合には、iMPACT の 6.3.03 リリースを使用してください。

これらの方法を試しても問題が解決しない場合は、ザイリンクスのテクニカル サポートにお問い合わせください。 http://japan.xilinx.com/support/services/contact_info.htm

AR# 22293
日付 05/09/2006
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加