UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22350

7.1.04i BitGen - 「ERROR:Bitgen:145 - Pin AD14 is a persistent pin when using "-g EngineeringSample:SelectMAP8" and dual-purpose configuration pins as User IO.」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : Virtex-4, VCCAUX, ICCAUX, LX, 25, 60, SX, 35, power, persist, SMAP8, -g, Engineering Sample, 電力, エンジニアリング サンプル



コンフィギュレーション後にユーザー I/O ピンとして多目的ピンを使用する場合、Virtex-4 でコンフィギュレーションした後、ICCAUX に必要な電流を低減するために (Xilinx Answer 20246) に記載されている
「-g EngineeringSample:SelectMAP8」 を使用すると、ISE 7.1.04i の BitGen で次のようなエラー メッセージが表示されます。

''ERROR:Bitgen:145 - Pin AD14 is a persistent pin, but a component exists in it's IOB. Please rerun par with the persistent pins prohibited from use.
ERROR:Bitgen:157 - Bitgen will terminate because of the above errors."

ただし、BitGen の -g Persist:yes オプションは設定されていません。

ソリューション

「-g EngineeringSample:SelectMAP8」オプションを使用すると、SelectMAP ピンがそのままの状態に維持されます。

この問題を回避するには、次の方法に従ってください。

1. 「-g EngineeringSample:SelectMAP8」オプションを使用し、I/O を SelectMAP ポートの多目的ピン以外のピンに割り当ててください。

2. 「-g EngineeringSample:SelectMAP8」オプションを使用せずに、(Xilinx Answer 20246) に記載されているマクロを使用して ICCAUX に必要な電流を下げてください。これらの方法により、多目的コンフィギュレーション ピンは、ユーザー I/O として使用できます。

AR# 22350
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加