UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22487

LogiCORE Reed Solomon Decoder v5.1 - Reed Solomon Decoder で GPON の G.709 をインプリメントする方法

説明

Reed Solomon Decoder で GPON の G.709 をインプリメントする方法を教えてください。

ソリューション

エンコーダでは、2.4Gbps/8 ビット = 300 MHz です。これは、Virtex-II Pro -6 は 285MHz になるので 1 つの Vx4 で達成できます。これを達成できない場合、2 つのエンコーダ コアを使用します。エンコーダ コアは、それぞれ約 114 個のスライスを使用します。

1.2Gbps が Read Solomon Decoder に入力される実際のデータ レートである場合、コアは 1.2Gbps/8 ビット = 150MHz で動作する必要があります。これは、Virtex-II Pro -6 で 2 チャネル コアを使用して達成できます。Virtex-4 -12 では、1 チャネル コアで 197MHz を達成できるので、これより低いスピード グレードでも 150MHz を達成できます。

「Shortened blocks」とは、ブロックが 2^symbol_width -1 未満であることを意味します。コアではこれを、ブロックに 0 をパディングせずに自動的に処理できます。ブロックが 0 でパディングされている場合、ブロック長は 2^symbol_width -1 になります。N_IN 入力は、複数のブロック長を 1 つのコアでサポートする必要がある場合にのみ必要です。

Reed Solomon Decoder のスピードを向上するための推奨事項は、(Xilinx Answer 21787) を参照してください。

AR# 22487
日付 02/08/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加