UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22595

Spartan-3E - SPI モードまたは BPI 以外のモードでの MBT ピンの使用

説明

キーワード : Spartan-3E, MBT, Multi-Boot, BPI, SPI, マルチブート

モード ピンを SPI モードに設定し、MBT (マルチブート トリガ) ピンを使用する場合、Spartan-3E デバイスは問題なくコンフィギュレーションされますか。 また、SPI モードでコンフィギュレーションをリセットする場合、PROG_B を使用する必要がありますか。

ソリューション

FPGA はアドレス可能なパラレル フラッシュにアクセスするためのアドレスを生成するため、Byte-Wide Peripheral Interface (BPI) を使用してください。 マルチブートは、接続したアドレス ラインを利用し、アドレス カウンタの方向を変更する機能です。これで、パラレル フラッシュの別のロケーションにあるイメージを読み込めるようになります。 アドレスを生成するコンフィギュレーション モードは BPI モードだけなので、Spartan-3E FPGA のマルチブート (MBT) 機能は BPI モードでのみ使用できます。

STARTUP_SPARTAN3E コンポーネントの MBT は、モード ピンが BPI に設定されている場合にのみ監視されます。 これ以外のコンフィギュレーション モードでは、MBT が無視されます。 BPI 以外のモードでコンフィギュレーションを始める場合は、PROG-B をアサートする必要があります。

BPI モードでは、MBT ピンをいつでもアサートにでき、リコンフィギュレーションを始めます。 アドレス カウンタは、前のコンフィギュレーションによって、トップ アドレスかボトム アドレスのいずれかから開始されます。 この後、MBT ピンのパルスは、パラレル フラッシュのイメージの間をトグルし続けます。 MBT のパルスによってモード ピンがサンプルされることはないため、元のモード ピンの設定に戻すには、電源を一旦切って入れなおすか、PROG_B をアサートにする必要があります。

BPI モードまたはマルチブート機能の詳細については、Spartan-3E データシートの「Functional Description」を参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/bvdocs/publications/ds312.pdf
AR# 22595
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加