UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22638

Virtex-4 - SelectMAP32 に必要な制約と persist 設定について

説明

キーワード : SMAP32, SMAP, 32, software, ソフトウェア

Virtex-4 デバイスで SelectMAP32 コンフィギュレーション設定を使用している場合、どのようなソフトウェア設定が必要ですか。

ソリューション



SelectMAP32 を使用するすべてのデザインに適用する必要のある必須の制約があります。これは CONFIG MODE 制約で、詳細は『制約ガイド』に記述されています。ただし、『制約ガイド』には SelectMAP32 設定用の制約については概要が記述されていません。

基本的な UCF 構文は次のとおりです。
CONFIG CONFIG_MODE=<次のいずれかを選択>;

S_SELECTMAP32 - スレーブ SelectMAP32 モード

S_SELECTMAP32+READBACK - スレーブ SelectMAP モードで Persist をリードバックおよびリコンフィギュレーションをサポートするよう設定


これらの制約を使用すると、ビット ファイルに適切なパディングが適用され、必要に応じてコンフィギュレーション ピンを persist にできます。

AR# 22638
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加