AR# 22644

8.1i NetGen、タイミング シミュレーション Virtex-4 - 固定モードが使用される場合、Verilog X_IDELAY モデルに 75ps のタップ遅延が含まれない

説明

キーワード : simulate, SimPrim, idelay, x_idelay, delay, シミュレーション, 遅延

『Virtex-4 ユーザー ガイド』には、IDELAY のタップ精度は 75ps であると記載されています。 VHDL SimPrim モデルではそのようにシフトしますが、Verilog モデルではしません。 この理由を教えてください。

ソリューション

これは、NetGen がネットリストに書き出す際に発生する既知の問題です。

この問題は、ISE 8.1i サービス パック 2 で修正される予定です。

この問題を回避する ISE 8.1i サービス パック 1 のパッチは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.com/txpatches/pub/swhelp/ise8_updates/cr218903.tar.gz

パッチの概要は次のとおりです。

日付 : 2006 年 1 月 9 日

ファイル名 : cr218903.tar.gz

詳細 : CR218903 のパッチ。 NetGen では、X_IDELAY プリミティブへの入力はバッファに入りません。

プラットフォーム : すべて

ソフトウェア バージョン : ISE 8.1i サービス パック 1

インストール/使用方法 :

次の手順に従い圧縮ファイルを解凍します。

PC :

解凍ツールを使用して、このファイルを解凍してください。

ファイルを解凍すると、ディレクトリ virtex4 が表示されます。

環境変数 MYXILINX にこのディレクトリを設定します。

たとえば、ディレクトリが C:\cr218903 フォルダにある場合、環境変数は次のように設定されます。

> set MYXILINX=C:\cr218903

これによりデータ ファイルの使用時に XILINX 変数が上書きされます。

Unix / Linux :

次を入力します。
>gunzip cr218903.tar.gz
>tar -xvf cr218903.tar

ファイルを解凍するとディレクトリ virtex4 が表示されます。

環境変数 MYXILINX にこのディレクトリを設定します。

たとえば、2 つのディレクトリが /home/duthv/CR218903 にある場合、環境変数は次のように設定します。

> setenv MYXILINX /home/duthv/CR218903

これによりデータ ファイルの使用時に XILINX 変数が上書きされます。

テスト :

ファイルを抽出し MYXILINK 環境変数を設定した後に NetGen を再実行してください。HDL ファイルが正しく生成されるはずです。

生成されない場合、MYXILINK 環境変数が virtex4 ディレクトリに正しく設定されているか確認してください。

次を実行すると確認できます。

PC :

echo %MYXILINX% (とコマンド プロンプトに表示されます)

Unix / Linux :

echo $MYXILINX (とターミナルまたは XTerm ウィンドウに表示されます)
AR# 22644
日付 11/17/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般