UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22725

7.1i EDK - フラッシュ デバイスのレイアウトが PART_LAYOUT_08_16_08_1 の場合に XPS FlashWriter でエラーが発生する

説明

キーワード : CFI

フラッシュ デバイスのレイアウトが PART_LAYOUT_08_16_08_1 の場合、次のエラー メッセージが表示され、CFI クエリ モードを設定する次の書き込みが実行されません。 デバイスが CFI クエリ モードにならないので、残りの読み出しが不正になります。

"CFI QRY ran out of space to accomodate region information."

ソリューション

この問題を回避するには、%XILINX_EDK%\data\xmd\flashwriter\src\flash.c (%XILINX_EDK% は EDK のインストール ディレクトリ) 内の cfi_init 関数を変更します。

次の行を見つけます。
fl_cmdwrite (CFI_QRY_CMD_ADDR, CFI_QRY_CMD);
次のように変更します。
fl_cmdwrite (CFI_QRY_CMD_ADDR << cfi_shift, CFI_QRY_CMD);
この行を、次の行の前に移動します。
cfi_shift += devinfo.addr_shift;
AR# 22725
日付 04/17/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加