UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22765

8.1i SP1 PAR - 「ERROR:Route:424 -This design is unroutable. To evaluate the problem please use fpga_editor.」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : PAR, par, unroutable, OTCLK1, OTCLK2, 配置配線, 配線不可

8.1i サービス パック 1 にアップグレードした後、PAR でデザインを配線できず、次のようなエラー メッセージが表示されます。前のバージョンでは配線できました。この問題の原因は何ですか。

"ERROR:Route:424 -This design is unroutable. To evaluate the problem please use fpga_editor.

Conflict 1, detected on wire:DUMMY(-54384,-23455)
Net:CLK on pin OTCLK1 on location PAD224 has a routing conflict with
Net:CLK200 on pin OTCLK1 on location PAD223"

メモ : このアンサーは、関連するピンの名前が OTCLK1、OTCLK2、ICLK1、または ICLK2 である場合に適用されます。

ソリューション

この問題は、異なるクロックを使用する 2 つのフリップフロップで IOB ペアで共有されるクロック配線リソースを競合しないようにするために実行される IOB フリップフロップのスワップが、正しく行われていないために発生します。共有リソースの詳細については、(Xilinx Answer 11747) を参照してください。

この問題は、8.1i サービス パック 3 で修正される予定です。当面の間は、次の手順に従って、問題の発生しているフリップフロップにマップ BEL 制約を設定し、配線の競合をなくすようにしてください。

1. PAR で出力された配線が完了していないデザインを FPGA Editor で読み込み、エラー メッセージ「Find Wire DUMMY(-54384,-23455)」に示されているワイヤ名を検索して問題の発生した IOB を確認します。

2. ローカル ラインおよびピン ワイヤ レイヤをオンにすると、IOB ペアを識別しやすくなります。

3. Block ウィンドウを使用して、ペアの各 IOB の競合を調べます。

4. 競合を解消するために移動可能なフリップフロップ (TFF1、TFF2、OFF1、OFF2、IFF1、または IFF2) を特定します。

5. Block ウィンドウで FF を選択し、ヒストリ ウィンドウで BEL 名を特定します。 :

<OFF1>; bel <USER_APP/video/video/Tags[7]>

6. この例では、USER_APP/video/video/Tags[7] という名前の BEL が OFF1 BEL 内に不正にマップされています。次の UCF 制約を使用して異なるクロック リソースを使用する OFF2 に BEL をマップすると、この問題が解決します。

INST "USER_APP/video/video/Tags[7]" BEL = OFF2 ;

7. ISE で NGDBuild からまたはインプリメンテーションを再実行します。
AR# 22765
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加