AR# 22820

8.1i シミュレーション、Virtex-4 - 「Warning: Address DADDR=1001110 is invalid at X_DCM_ADV instance <instance_name> at time <time>」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : Verilog, NBTI, macro, stop, simulation, finish, ModelSim, NCVerilog, NCSim, VCS, マクロ, 停止, シミュレーション, 終了

UniSim モデルで、「$finish warnings should not cause the simulation to stop.」というメッセージの後に次の警告メッセージが表示されます。

ModelSim では、次のようなメッセージが表示されます。

"# Warning : Address DADDR=1001110 is invalid at X_DCM_ADV instance clock.dcm_tb_rx_clk.dcminst1 at time 160200.
# ** Note: $finish : C:/Xilinx/ISE_8_1_SP1/verilog/mti_pe/unisims_ver/unisims_ver_source.v(6497)
# Time: 160200 ps Iteration: 8 Instance: /clock/dcm_tb_rx_clk/dcminst1"

この後、シミュレーションを続行できません。 これらの警告メッセージは、ザイリンクスで提供されている DCM_STANDBY マクロ (Xilinx Answer 21127) を使用すると表示されます。

ソリューション

このアンサーは、8.1i サービス パック 2 にのみ適用されます。 8.1i サービス パック 2 をインストールしていない場合は、このパッチを使用しないでください。

この問題は、最新版の 8.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp

この修正は、8.1i サービス パック 3 以降に含まれます。

サービス パック 2 を使用している場合、このパッチを使用するとこの問題を回避できます。 Virtex-4 で DCM のシミュレーションを実行する場合は、このパッチを使用することをお勧めします。

http://www.xilinx.com/txpatches/pub/swhelp/ise8_updates/cr223743.tar.gz

このパッチの readme ファイルからの手順を次に示します。

日付 : 2006 年 2 月 2 日

ファイル名 : cr224743.tar.gz

説明 : DRP セクションの $finish の問題を修正するための DCM_ADV/X_DCM_ADV モデルのパッチ

プラットフォーム : すべて

ソフトウェア バージョン : 8.1i サービス パック 2

インストール/使用方法 :
次の手順に従い圧縮ファイルを解凍します。

PC :
解凍ツールを使用して、このファイルを解凍してください。

次のファイルを含む CR224743 という名前のフォルダが作成されます。

DCM_ADV.v
X_DCM_ADV.v

シミュレーションの際に -y オプションを使用して、これらのファイルを指定します。

Unix/Linux :
次のコマンドを入力します。
>gunzip cr224743.tar.gz
>tar -xvf cr224743.tar

次のファイルを含む CR224743 という名前のフォルダが作成されます。
DCM_ADV.v
X_DCM_ADV.v

シミュレーションの際に -y オプションを使用して、これらのファイルを指定します。

テスト :

上記の手順を完了すると、問題のあったデザインが正しく機能するはずです。
AR# 22820
日付 10/16/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般