UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22878

LogiCORE SPI-4.2 (POS-PHY L4) - Intel のネットワーク プロセッサ (IXP2800) と使用する場合の既知の問題

説明

キーワード : CORE Generator, COREGen, PL4, packet, SONET, framer, physical, link, layer, training, pattern, source, synchronous, phase, shifting, dcm, intel, network, processor, np, npu, ixp, ixp2800, dip4, periodic, パケット, 物理, リンク, レイヤ, 層, トレーニング, パターン, ソース, 同期, 位相, シフト, ネットワーク, プロセッサ

ザイリンクス ソース コアを IXP2800 デバイスをインターフェイスさせるとき、ソース コアが周期的なトレーニング パターンを送信するようにコンフィギュレーションされていると、IXP2800 デバイスで DIP4 エラーが発生する場合があります。

ソリューション

IXP2800 が周期的なトレーニング パターンを受信するときにエラーが発生することが報告されています。この問題は、Intel の IXP2800 開発社によって修正される必要があります。IXP2800 が正しくコンフィギュレーションされるように、Intel の関連資料を参考にしてください。

ザイリンクス ソース コアの周期的なトレーニング パターンの送信をディスエーブルにすると、この問題を回避できます。スタティック コンフィギュレーション信号 AlphaData をゼロに設定すると、コアから周期的なトレーニング パターンが送られないように設定できます。
AR# 22878
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加