UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22924

LogiCORE PCI v3.155、8.1i SP2、Virtex-4 - PAR でロジックが 3 つの隣接するクロック領域に配置されず、クロック ネットが未配線になる

説明

キーワード : PING_DONE, PING_REQUEST32, PING_REQUEST64, regional clock, リージョナル クロック

Virtex-4 - PAR でロジックが 3 つの隣接するクロック領域に配置されず、クロック ネットが未配線になります。 次の警告メッセージが表示されます。

"WARNING:Route:436 - The router has detected an unroutable situation for one or more connections."

Virtex-4 デバイスの PCI 66MHz デザインでは、リージョナル クロック入力を使用する必要があります。 このクロックが入力されるすべてのロジックは、3 つの隣接するクロック領域内に配置される必要があります。

リージョナル クロックの使用方法については、Virtex-4 のユーザー ガイドを参照してください。 ISE 8.1i で動作していたデザインが 8.1i SP 2 でエラーになる可能性があります。これは、PCI クロックが入力されるロジックが 3 つの隣接する領域に配置されない場合があるためです。

ソリューション

ロジックにエリア グループ制約を付けて、PAR で PCI クロックが入力されるロジックが 3 つの隣接するクロック領域に配置されるようにすると、この問題を回避できます。 次の例では、AREA_GROUP 制約を使用して、この問題を回避します。

これらの例は、CORE Generator で配布されるコアと共に提供される UCF ファイルの例です。 PCI UCF Generator で生成された UCF ファイルまたはそのほかの配置では、有効な制約を付けてロジックが正しく配置されるようにする必要があります。

4vfx20ff672_32_33r.ucf または 4vfx20ff672_32_66r.ucf を使用した 32 ビットのデザイン :
INST "*" AREA_GROUP = "AG_FIX" ;
AREA_GROUP "AG_FIX" RANGE = SLICE_X36Y64:SLICE_X59Y127 ;

4vfx20ff672_64_33r.ucf または 4vfx20ff672_64_66r.ucf を使用した 64 ビットのデザイン :

INST "*" AREA_GROUP = "AG_FIX" ;
AREA_GROUP "AG_FIX" RANGE = SLICE_X36Y32:SLICE_X59Y127 ;

4vlx25ff668_32_33r.ucf または 4vlx25ff668_32_66r.ucf を使用した 32 ビットのデザイン :

INST "*" AREA_GROUP = "AG_FIX" ;
AREA_GROUP "AG_FIX" RANGE = SLICE_X28Y128:SLICE_X55Y191 ;

4vlx25ff668_64_33r.ucf または v4lx25ff668_64_66r.ucf を使用した 64 ビットのデザイン:

INST "*" AREA_GROUP = "AG_FIX" ;
AREA_GROUP "AG_FIX" RANGE = SLICE_X28Y96:SLICE_X55Y191 ;

4vsx35ff668_32_33r.ucf または 4vsx35ff668_32_66r.ucf を使用した 32 ビットのデザイン:

INST "*" AREA_GROUP = "AG_FIX" ;
AREA_GROUP "AG_FIX" RANGE = SLICE_X40Y128:SLICE_X79Y191 ;

4vsx35ff668_64_33r.ucf または 4vsx35ff668_64_66r.ucf を使用した 64 ビットのデザイン:

INST "*" AREA_GROUP = "AG_FIX" ;
AREA_GROUP "AG_FIX" RANGE = SLICE_X40Y96:SLICE_X79Y191 ;


上記の制約が適用されると、PING デザインではクロック ネットが配線されません。

コアが供給されている PING のサンプル デザインの 3 つのポートは、提供されている UCF ファイルで明示的にピンに固定されていません。 これらのピンは、PING_DONE、PING_REQUEST32、および PING_REQUEST64 です。 PAR は、これらのピンを 3 つの隣接するクロック領域に含まれる有効な IOB に配置する必要があります。 8.1i SP2 の PAR では、正しく配置されない場合があります。

この問題を回避するため、次のように 3 つの LOC 制約を UCF ファイルに追加して、これらのピンが有効なサイトに配置されるようにします。 4vlx25ff668_64_33r.ucf または v4lx25ff668_64_66r.ucf の例を次に示します。

NET "PING_DONE" LOC ="D10" ;
NET "PING_REQUEST32" LOC = "C10" ;
NET "PING_REQUEST64" LOC ="D9" ;
AR# 22924
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加