UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22928

8.1i SP2 MAP - タイミング ドリブンのパックがフェーズ 8.28 で停止する

説明

キーワード : -timing DeleteInterpProc, active eval,segmentation, fault, セグメント, エラー

タイミング ドリブンのパックをイネーブルにして MAP でデザインを実行すると、フェーズ 8.28 で停止します。Windows では、「DeleteInterpProc called with active evals」というエラー メッセージが表示され、Linux ではセグメント エラーが発生します。どうしたら、デザインをマップできますか。

ソリューション

ISE 8.1i SP3 でこの問題は修正されています。

この問題を回避するには、環境変数 PL_NO_GRP_CLUSTER を次のように設定するか、またはタイミング ドリブンのパックをディスエーブルにして MAP を実行します。

Linux および Solaris
setenv PL_NO_GRP_CLUSTER 1

Windows
SET PL_NO_GRP_CLUSTER=1

通常、フェーズ 28 で発生した問題は、この変数を設定してこのアルゴリズムを無効にすることで問題を回避できます。

ISE 環境変数の詳細は、(Xilinx Answer 11630) を参照してください。
AR# 22928
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加