UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22942

7.1/ 8.1 EDK - Virtex-4 FX PowerPC の ISOCM メモリに含まれているデバッグ ソフトウェアの制限について

説明

キーワード : EDK, EST, GDB, XMD, ISOCM, OCM, breakpoints, memory, PPC, PowerPC, Virtex-4 FX, ブレークポイント, メモリ

Virtex-4 FX PowerPC の ISOCM メモリに含まれているデバッグ ソフトウェアに制限はありますか。 メモリの読み出し/書き込みは可能ですか。

ソリューション

MHS ファイルに含まれる ISOCM CNTLR と BRAM の接続の記述は、次の例と一致している必要があります。

MHS の例 :

BEGIN isbram_if_cntlr
PARAMETER INSTANCE = iocm_cntlr
PARAMETER HW_VER = 3.00.a
PARAMETER C_BASEADDR = 0xffff8000
PARAMETER C_HIGHADDR = 0xffffffff
BUS_INTERFACE ISOCM = iocm
BUS_INTERFACE DCR_WRITE_PORT = isocm_porta
BUS_INTERFACE INSTRN_READ_PORT = isocm_portb
END

BEGIN bram_block
PARAMETER INSTANCE = bram_block_2
PARAMETER HW_VER = 1.00.a
BUS_INTERFACE PORTA = isocm_porta
BUS_INTERFACE PORTB = isocm_portb
END


ISOCM のアドレス パラメータは、接続コマンド中に指定できます。 XMP ファイルが読み込まれる場合は、XMD で ISOCM アドレス パラメータは MHS ファイルから推論されます。 Virtex-4 FX デバイスでは、ISOCM は読み出し可能であることに注意してください。 これにより、ISOCM メモリから実行されるプログラムのデバッグが向上します。
AR# 22942
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加