AR# 22993

8.1i CPLDFit - [Preserve unused I/O] オプションを使用してもデザインから未接続の I/O が削除される

説明

キーワード : XC9500, XC9500XL, XC9500XV, CoolRunner-II, CoolRunner XPLA3, CPLD, FIT, unconnected, trim, removed, IO, 未接続, トリム, 削除

デザインに未接続の I/O が数個含まれています。 これらは、デザインで使用されないので、CPLDFit ツールで最適化されて削除されます。 [Preserve Unused I/O] オプションを使用しましたが、これらが削除されてしまいます。 これらをデザインに保持する方法を教えてください。

ソリューション

この問題を回避するには、ピン ロケーション制約をこれらの I/O に付けてください。この制約と [Preserve Unused I/O] オプションを組み合わせることで、これらの I/O がインプリメンテーション プロセスで保持されます。

本来なら、このようにピン ロケーション制約を付ける必要はありません。この問題は、次のソフトウェア リリースで修正される予定です。
AR# 22993
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般