UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 23075

LogiCORE FIFO Generator - FIFO の深さについて

説明

キーワード : CORE Generator, COREGen, IP, update, asynchronous, asynch, synchronous, fifo16, block RAM, BRAM, input, output, width, depth, asymmetric, common, independent, depth, アップデート, 非同期, 同期, ブロック RAM, 入力, 出力, 幅, 深さ, 非対称, 共通

CORE Generator で生成される FIFO の深さを教えてください。

ソリューション

深さは、生成する FIFO の種類によって異なります。

共通クロック FIFO の場合:
選択した深さは、共通クロックで受信する実際の深さになります。

独立クロック FIFO (ブロック メモリ、分散メモリ タイプ) の場合:
独立クロックでは、FIFO の物理的な深さは選択した深さになりますが、 使用できる深さは常に 1 つ少なくなります。 これは、内部ポインタである write_pointer と read_pointer が重複しないようにするため、ロケーションは常に 1 つ使用されません。 この 2 つのポインタが重複した場合は、FIFO が EMPTY か FULL かを判断できません。 このため、使用できる深さは常に 1 つ少なくなっています。 FIFO を循環バッファと考えてください。

FIFO16 の場合 (独立クロックの共通点) :
ビルトイン FIFO では、複数の FIFO16 プリミティブはカスケード接続され必要な深さを形成します。 これらの各プリミティブの FULL フラグのレイテンシを考慮する必要があるため、各プリミティブの ALMOSTFULL フラグを使用してコアの FULL フラグを生成します。 このため、使用する各プリミティブで、使用可能なロケーションが約 5 つ失われてしまいます。

FIFO Generator GUI の最後のサマリのページに、実際に使用可能な深さが示されています。
AR# 23075
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加