AR# 23114

8.1i ISE - Project Navigator でプロジェクトを開くと [Missing Project Source Files] ダイアログ ボックスで「The following project source files could not be found」というメッセージが表示される

説明

キーワード : relative, path, sharing, shared, absolute, network, drive, find, remote, platform, Unix, Windows, Linux, Solaris, 相対, パス, 共有, 絶対, ネットワーク, ドライブ, リモート, プラットフォーム

Project Navigator でプロジェクトを開くと、[Missing Project Source Files] ダイアログ ボックスで次のようなメッセージが表示されます。
"The following project source files could not be found:"

このメッセージの後に、検出されないソースファイルがリストされます。

ソリューション

このメッセージにおいて、既知の問題が 3 つあります。
- ソース ファイルを新規のロケーションに移動させており、そのロケーションのパスが、プロジェクト ディレクトリへの元の絶対パスおよび相対パスのどちらとも異なる場合。 この場合は、[Project] -> [Add Source] をクリックし、ソース ファイルをプロジェクトに追加します。
- プロジェクトとソース ファイルを新規のディレクトリのロケーションに移動させている場合。 この場合、周辺のプロジェクト ディレクトリにないプロジェクトのソース ファイルは検出されません。
- プロジェクトを、最初に作成したときとは異なるプラットフォームで開いている場合。

最後の 2 つの場合では、Project Navigator で、ソースが最初にプロジェクトに追加されたときのソース ファイルの絶対パスが検索されるため、そのソース ファイルが検出されません。

この問題は、最新版の 8.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、8.1i サービス パック 3 以降に含まれます。

8.1i サービス パック 3 をインストールした後は、ソースへの相対パスまたは絶対パスを維持してさえいれば、Project Navigator でソース ファイルが検出されるはずです。

メモ : 相対パスには、プロジェクト ディレクトリに関連する移行ルートや別のドライブを含めることはできません。
AR# 23114
日付 03/26/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般