AR# 23118

8.1i ISE - MAP プロセス プロパティ; Spartan-3 のネットリストに指定可能な [Map to Input Functions] の値の範囲が一致しない

説明

キーワード : NGC, EDN, EDIF, NGO, size, inputs, function block, サイズ, 入力, ファンクション, ブロック

Project Navigator のプロジェクトでデバイス ファミリに Spartan-3 デバイスが、最上位のソースの種類に NGC/NGO または EDIF ファイルが指定されている場合、次が可能です。

[Implement Design] -> [Properties] -> [Map Properties] を右クリックした場合、[Map to Input Functions] に 4~6 の値を選択できます。

一方、[Map] -> [Properties] を右クリックした場合、[Map to Input Functions] に 4~8 の値を選択できます。

また、 この一方で値を変更しても、もう一方で変更されません。

ソリューション

MAP プロセスを実行するときに使用される Project Navigator のコマンド ラインでは、[MAP] -> [Properties] から指定した値が使用されます。 正しい値の範囲は、4~8 です。 デフォルトは 6 です。

この問題は、最新版の 8.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。 http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、8.1i サービス パック 3 以降に含まれます。
AR# 23118
日付 03/26/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般