UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 23303

Embedded Tri-mode Ethernet MAC Wrapper v4.1 - オート ネゴシエーションが正しく機能しない

説明

キーワード : Virtex-4, TEMAC, tri-speed, patch, reset, パッチ, リセット

オート ネゴシエーション中にエラスティック バッファがアンダーフローもしくはオーバーフローすると、EMAC のオート ネゴシエーション ステート マシンが反応し、GT11 レシーバ PCS がリセットされてリカバリするまでの間、一時的にフリーズします。
GT11 の RXBUFERR ピンが v4.1 ラッパの EMAC に正しくワイヤ接続されず、オート ネゴシエーションが実行できません。

ソリューション

パッチをインストールすると、この問題を解決できます。 (Xilinx Answer 22332) を参照して、パッチをダウンロードしてください。

PHYEMAC#RXBUFSTATUS[1:0] は現在 GT11 RXSTATUS[1:0] に接続されています。 この問題を修正するには、GT11 からの RXBUFERR を Virtex-4 EMAC の入力ポート PHYEMAC#RXBUFSTATUS[1] に配線します。 PHYEMAC#RXBUFSTATUS[0] は EMAC で未接続で、グランド接続できます。
AR# 23303
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加