UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 23336

ChipScope IBERT 8.1.03i - V4FX CES4 をターゲット デバイスにできるか

説明

キーワード : V4, FX, calibration, キャリブレーション

ChipScope IBERT 8.1.03i では、CES4 デバイスはサポートされていますか。 されていない場合、どのように使用できますか。

ソリューション

ChipScope IBERT 8.1.03i は V4 FX CES2/CES3 デバイスのみサポートしています。 CES4 デバイスは ChipScope IBERT 8.2i でサポートされます。 CES4 デバイスをターゲットとして使用する場合には、ChipScope 8.1.03i および ISE 8.1.03i をインストールし、次の手順にしたがってください。
1. ChipScope Pro Core Generator をノーマルで実行し、 IBERT デザインを設定する。
2. [Generate Design] をクリック後、「Synthesizing Core (Step 1 of 6)」と表示されたら[cancel]をクリックする。 [Yes] をクリックしてキャンセルを実行する。
3. CoreGenerator を終了する。
4. ibert.bit という名前の BIT ファイルを作成したと仮定して、プロジェクト ディレクトリの ibert_temp サブディレクトリに移動し、ibert.ucf ファイルを編集する。
5. ファイルの空白行に、「CONFIG STEPPING = "SCD1";」と追加する。
6. RXCMADJ を検索して値を 10 から 01 に変更する。
7. UCF ファイルを保存し、エディタを終了する。
8. ibert_run.zip ファイルをダウンロードし、プロジェクト ディレクトリで解凍する。 Windows 用に ibert_run.bat、Linux 用に ibert_run.sh があります。
9. バッチ ファイルまたは構文を使用して sh ファイルを実行し、ibert デザインに名前を付けます。 たとえば、my_first_ibert.bit というファイルを生成し、名前をつけた場合に実行するバッチ ファイルは次のとおりです。
ibert_run.bat my_first_ibert

Linux を使用する場合は次を使用します。
source ibert_run.sh my_first_ibert

10. ISE インプリメント ツールは、XST、NGDBuild、 MAP、PAR、BitGen で実行できます。 プロジェクト ディレクトリで生成した BIT ファイルは CES4 で使用できます。

注 : 手順 1 ~ 2 を実行する場合、手順 3 ~ 10 もあわせて実行しないと UCF ファイルが上書きされません。

Ibert_run.zip は次のサイトから入手できます。http://www.xilinx.com/txpatches/pub/applications/misc/ibert_run.zip

注 : Windows のバッチ ファイルには UNIX コマンド「cp」が含まれます。
EDK または Cygwin をインストールしていない場合、「cp」 を 「copy」 に変更してください。
AR# 23336
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加