AR# 23614

11.3 System Generator for DSP - IP コアを使用するとデザインを生成できず、生成中に「Error 0001: caught standard exception" during generation」と表示されるのはなぜですか。

説明

キーワード : MATLAB, Simulink, CORE Generator, FIFO, file name, length, 8.1, 8.1.01, 8.2, 9.1, 9.1, 10.1, 11.1, ファイル名, 長さ

デザインを生成すると、エラー ログ ファイルに次のようなエラー メッセージが表示されます。

--------------------------------------------------------------------------------
Summary of Errors:
Error 0001: caught standard exception
Block: Unspecified
--------------------------------------------------------------------------------

Error 0001:

Reported by:
Unspecified

Details:
standard exception: XNetlistEngine:
An exception was raised:
com.xilinx.sysgen.netlist.NetlistInternal: couldn't run
c:/xilinx11_1/11.1/ise/bin/nt/coregen.exe: 1 at
C:\my_project_path\sysgen\masterScript39412.pl
line 1027

ソリューション

この問題はさまざまな問題が重なって結果発生します。Windows のコマンド プロンプトでは、パス名が最大 256 文字に制限されていますが、IP コアを使用するデザインの生成中に、内部生成された名前とディレクトリが Windows の最大文字数を超えてしまうために、この問題が発生します。

System Generator for DSP 11.2 以降
System Generator for DSP 11.2 から、CORE Generator IP コアは一時ディレクトリに生成されるようになる予定です。11.2 以降でファイルが生成される一時ディレクトリを表示するには、 MATLAB プロンプトに次を入力します。

>> getenv('temp')
and
>> getenv('tmp')

この問題を回避するために、一時パスの長さを短くする必要がでる可能性もあります。このパスをアップデートするには、TEMP および TMP 環境変数が C:\temp のような新しいディレクトリを指定するように変更します。

System Generator for DSP 11.1 以前
この問題を回避するには、ターゲット ディレクトリまたはサブモジュールの名前の長さを削減します。このために、ターゲット ディレクトリを Windows でネットワーク割り当てをしているドライブのルート ディレクトリに指定して、パスの長さが長くなりすぎないようにする必要のあることもあります。

たとえば、ターゲット ディレクトリが次のような場合
C:\longusername\my_projects\very_long_project_description_name\revision_number_x\netlist_test_for_some_hardware_in_the_loop_target

次のように変更できます。
C:\netlist

Standard Exception エラー メッセージのほかの原因については、(Xilinx Answer 29430) を参照してください。
AR# 23614
日付 09/22/2009
ステータス アクティブ
種類 一般