UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 24525

ChipScope Pro - Analyzer に FSM のステート名を表示させる方法

説明

ChipScope Analyzer の波形にステート レジスタの値を反映させる方法を教えてください。

ソリューション


ChipScope ツールでは、トークン ファイルにリストされる名前を使用して、Analyzer 波形ビューアーにバスを表示させることが可能です。詳細は、『ChipScope Pro ユーザー ガイド』 を参照してください。

ステート マシンの値を解析する場合は、トークン ファイルにあるステート列挙名を使用できます。たとえば、XST で VHDL デザインを合成する場合、レポート (.syr) ファイルに次の情報があります。

<code>

State | Encoding

</code>

Verilog (または列挙型なしの VHDL) を使用する場合は、この最終的なエンコーディング レポートを使用して、各ステートから最適化されたステート値へのマップを判断してください。このコードは、トークン (.tok) ファイルでは次のようになります。トークン (.tok) ファイルのこの情報を次のように使用できます。

<code>
zero =001\b

</code>

最後に、バスを選択して右クリックし、[Bus Radix][Token] をクリックして、このトークン ファイルをステート マシンのステート レジスタを表すバスに読み込みます。
AR# 24525
日付 01/02/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
このページをブックマークに追加