UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 2538

CPLD - グローバル セット/リセット (GSR) ピンの反転方法

説明

キーワード : CPLD, CoolRunner, XPLA3, CoolRunner-II, XC9500, 9500, 9500XL, 9500XV, XPLA3, global, set, reset, GSR, BUFGSR, グローバル, セット, リセット

重要度 : 標準

概要 :
CPLD でのグローバル セット/リセット (GSR) 信号の反転方法

ソリューション

GSR 信号は、BUFGSR 出力と目的のフリップフロップの非同期セット/リセット ピンの間にインバータを接続することで、反転させることができます。

メモ : ほかの組み合わせロジックを BUFGSR と非同期セット/リセット ピンの間に含めないでください。 ほかの組み合わせロジックがあると、専用 GSR ネットが使用できません。
AR# 2538
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般