AR# 2707

5.1i iMPACT - iMPACT でザイリンクス以外のデバイスをバイパスできるジェネリックの BSDL ファイルについて

説明

キーワード : generic, BSDL, bypass, EZTAG, JTAG, ISP, third, party, third-party, chain, program, configure, ジェネリック, バイパス, サードパーティ, チェーン, プログラム, コンフィギュレーション

重要度 : 標準

概要 :
JTAG スキャン チェーンに接続されたザイリンクス以外のデバイスをバイパスして、ザイリンクス デバイスで JTAG を実行します。 ザイリンクス以外のデバイスをバイパスできるジェネリックの BSDL ファイルはありますか。

ソリューション

iMPACT 6.1i を使用すると、IR の長さを指定できます。また、バイパス デバイス用に BSDL ファイルが自動的に生成されます。

ジェネリックの BSDL ファイルは、次のサイトからダウンロードできます。
http://www.xilinx.co.jp/support/software.htm

BSDL ファイルが不正であったり、見つからない場合は、この BSDL ファイルを代わりに使用できます。 ただし、次の情報をメーカーから入手する必要があります。
1. 命令レジスタのビット数
2. バイパス命令のビット パターン (すべて 1 になっていることを常に確認してください。)
3. 命令レジスタの取り込みパターン (基本的なバウンダリ スキャン チェーンのテストを実施できます。)
ジェネリックの BSDL ファイル例は次のとおりです。

-- Copyright Xilinx Corporation 1997
-- Bogus BSDL File
-- Updated: April 4, 1997
--************************************************************************
-- Generic BSDL file
-- Copyright Xilinx Corporation 1997
-- Xilinx assumes no liability, either expressed or implied, in the use of this BSDL file.
--*************************************************************************

entity nothing_at_all is

--*************************************************************************
-- IMPORTANT - If you are using multiple copies of this file in a single
-- boundary-scan chain, you must make certain that the entity name
-- specified in each generic BSDL file (in this file "nothing_at_all") is
-- unique. Note that the entity name occurs nine (9) times in this file
-- (not including once in this comment).
--*************************************************************************

generic(PHYSICAL_PIN_MAP : string:= "X_PACKAGE");

port ( TCK : in bit; TDI : in bit; TDO : out bit; TMS : in bit );

use STD_1149_1_1990.all;

attribute PIN_MAP of nothing_at_all :

entity is PHYSICAL_PIN_MAP;

constant X_PACKAGE:PIN_MAP_STRING :=
"TCK : 1," &
"TDI : 2," &
"TDO : 3," &
"TMS : 4";

attribute Tap_Scan_In of TDI : signal is true;
attribute Tap_Scan_Mode of TMS : signal is true;
attribute Tap_Scan_Out of TDO : signal is true;
attribute Tap_Scan_Clock of TCK : signal is (1.0e6, BOTH);

-- The information in the three attributes below should be modified per the
--- device manufacturer's instructions

-- The first attribute specifies the number of bits in the instruction register:
attribute Instruction_Length of nothing_at_all: entity is 4;

-- The second attribute specifies the bit code for the BYPASS instruction:
attribute Instruction_Opcode of nothing_at_all: entity is "BYPASS ( 1111)";

-- The third attribute specifies the bit pattern captured by the instruction
-- register. If you do not know the capture pattern, you may specify it as
-- all "X"s; however, you will lose the vitally important capability of
-- verifying the boundary-scan chain on-the-fly:
attribute Instruction_Capture of nothing_at_all : entity is "0001";

-- End of section that should be modified as per the device manufacturer's instructions
attribute Boundary_Cells of nothing_at_all: entity is " BC_1";

attribute Boundary_Length of nothing_at_all: entity is 1;

-- NOTE: The following statement must be entirely on one line:

attribute Boundary_Register of nothing_at_all: entity is " 0 (BC_1, *, control, 0)";

end nothing_at_all;
AR# 2707
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般