AR# 2712

モジュールまたは部分的に完了したデザインで使用されるリソースの解析方法

説明

キーワード : resources, module, macro, リソース, モジュール, マクロ

部分的に完了したデザインでのデバイスの何パーセントのリソースが使用されるか、どのリソースが使用されるかを調べる方法を教えてください。

ソリューション

評価するモジュールまたはデザイン部分の EDIF、XNF、または SXNF を作成します。

コマンド ライン

1. 次のコマンドを使用して、デザインをマップ段階まで実行します。マップ ツールにより、使用される物理リソースの種類と量が決定されます。配置配線段階では、リソースの配置と使用される配線が決定されるだけなので、配置配線まで実行する必要はありません。

ngdbuild -p <part name> <design netlist>
map <design>.ngd -u

2. -u オプションを使用すると、未接続の信号およびシンボルが最適化で削除されないように指定できます。このようにすると、不完全なデザインが削除されるのを防ぐことができます。

3. <design>.mrp ファイルをテキスト エディタで開きます。MAP レポートの最後の部分に、「Design Summary」セクションがあります。このセクションには、処理されたデザイン部分で使用されるリソースがリストされます。

グラフィカル インターフェイス :

Design Manager でネットリストのプロジェクトを作成します。[File] -> [New Project] をクリックします。

2. バージョンおよびリビジョンを作成します。[Design] -> [New Version and Design] -> [New Revision] をクリックします。

3. リビジョンを選択し、[Flow Engine] ツールバー ボタンをクリックします。

4. Flow Engine で [Setup] -> [Options] をクリックします。

5. インプリメンテーション テンプレートの [Edit Template] ボタンをクリックします。[Optimize & Map] タブで、[Trim Unconnected Signals] ボタンがオフになっていることを確認します。これにより、最適化でデザイン全体が削除されるのを防ぐことができます。

6. Flow Engine で、[Setup] -> [Stop After] をクリックします。マップ後に停止するよう選択します。マップ ツールにより、使用される物理リソースの種類と量が決定されます。配置配線段階では、リソースの配置と使用される配線が決定されるだけなので、配置配線まで実行する必要はありません。

7. デザインを処理するには、Flow Engine で [Flow] -> [Run] をクリックします。

8. Flow Engine がマップ段階を完了したら、Report Browser を開いて MAP レポートをダブルクリックします。Report Browser を開くには、Flow Engine で [Utilities] -> [Report Browser] をクリックします。

9. MAP レポートの最後の部分に、「Design Summary」セクションがあります。このセクションには、処理されたデザイン部分で使用されるリソースがリストされます。


次に、「Design Summary」セクションの例を示します。

Section: Design Summary
------------------------

Number of warnings: 5
Number of errors: 0
Number of CLBs: 1185 out of 1296
Flops/latches: 2031
4 input LUTs: 1833
3 input LUTs: 1100
Number of bonded IOBs: 243 out of 256
Number of BUFGLSs: 4 out of 8
AR# 2712
日付 10/02/2008
ステータス アクティブ
種類 一般