AR# 30376

10.1 ISE - [Generate Tcl script] を Spartan-3A デザインで実行すると、「ERROR:ProjectMgmt:387 - TOE: ITclInterp::ExecuteCmd gave Tcl result 'can't read "aMktToDevNameInfo(Spartan3A and Spartan3AN)": no such element in array」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : fatal, failure, isim, spartan3A, Spartan3AN, 致命的, エラー

Spartan-3A および Spartan-3AN デザインで [Project] -> [Generate Tcl script] を実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

"Process "Generate Post-Place & Route Static Timing" completed successfully
ERROR:ProjectMgmt:387 - TOE: ITclInterp::ExecuteCmd gave Tcl result 'can't read "aMktToDevNameInfo(Spartan3A and Spartan3AN)": no such element in array'.
Tcl_ErrnoId: unknown error
Tcl_ErrnoMsg: Success
_cmd: ::xilinx::Dpm::dpm_chGenTclScript k31.tcl k30 allpropscomplete { set project_settings {
"PROP_DevFamily" "Spartan3A and Spartan3AN"
"PROP_DevDevice" "xc3s400an"
"PROP_DevPackage" "fgg400"
"PROP_DevSpeed" "-5"
"PROP_Top_Level_Module_Type" "Schematic"
"PROP_Synthesis_Tool" "XST (VHDL/Verilog)"
"PROP_Simulator" "Modelsim-XE Verilog"
"PROP_PreferredLanguage" "Verilog" "

ソリューション

この問題は 10.1 の最新のサービス パックで修正されています。
http://japan.xilinx.com/support/download/index.htm
この問題が修正されている最初のサービス パックは 10.1 サービス パック 1 です。
AR# 30376
日付 08/26/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般