AR# 30526

CORE Generator - 「ライセンスが検出されたが MAC アドレスが間違っている」というエラーが発生してライセンス検証ができない

説明

使用しているコンピュータに有効なライセンスがあるのですが、ライセンス チェックで「有効なライセンスが検出されない」というメッセージが表示されます。

「xlicmgr status -c <feature name> -v」を実行すると次のような結果が出力されます。
.
.
.
DEBUG[license] - Set license expiry Date: Dec-14-2008
DEBUG[license] - License type; source
DEBUG[license] - Found invalid XilLicense license: The license permits use onlyon hosts with one of the following MAC addresses <00-AD-17-BC-C8-CC>.
.
.
.
Feature: <feature name>
Status: Invalid - FLEXlm Error: No such feature exists. (-5,21)
Expiration date: Unknown
Current host ID:
License type: FLEXlm

このライセンスは検出されますが、MAC アドレスが間違っているというエラー メッセージが表示されます。

「lmutil lmhostid」を実行すると次の内容が出力されます。

lmutil - Copyright (c) 1989-2006 Macrovision Europe Ltd. and/or Macrovision Corporation. All Rights Reserved.

The FLEXlm host ID of this machine is ""

ライセンス ファイルはホスト ID に対して有効ですが、ユーザーのコンピュータのほうでホスト ID が認識されていません (「Current host ID:」の値がステータス メッセージで空白になっています)。コンピュータでホスト ID が認識されていないと、ライセンスの確認ができません。

ソリューション

これは、FLEXlm の問題で、ユーザーのデフォルト ネットワーク インターフェイスが「eth0」でないときに発生します。デフォルトのネットワーク インターフェイスが「eth1」の場合、FLEXlm でシステムのホスト ID を検出することができません。

eth0 を有効にする必要があります。

システムでインターフェイスが検出されている
場合、「ifconfig eth0 up」で有効にすることができます。
AR# 30526
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略