UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 30562

10.1 ISE - Project Navigator 10.1 で 9.2i プロジェクトを開くと「ERROR:ProjectMgmt:387 - TOE: ITclInterp::ExecuteCmd gave Tcl result 'list element in quotes ...'」というメッセージが表示される

説明

キーワード : space, migrate, custom, editor, preferences, .restore, custom, スペース, 移行, カスタム, エディタ, 設定

9.2xi ISE プロジェクトを 10.1 Project Navigator で開こうとすると、次のエラーが発生します。

Beginning migration of <proj_directory>/<proj>.ise
ERROR:ProjectMgmt:387 - TOE: ITclInterp::ExecuteCmd gave Tcl result 'list element in quotes followed by ''c:/program'' instead of space'.
Tcl_ErrnoId: unknown error
Tcl_ErrnoMsg: Success
_cmd: source "<$Xilinx>/data/projnav/scripts/dpm_migrateTasks.tcl"; ::Xilinx::Dpm::migrateProject {<proj_directory>/<proj>..ise} 10.1 9.2.04i
errorInfo: list element in quotes followed by "c:/program" instead of space
while executing
"foreach { sLevel sViewName sViewType sUnused sPropName sPropValue } $varvalue {
# first, check for _virtex5, as this covers a *lo..."
("process_props" arm line 10)
invoked from within
"switch -- $varname {
"project_settings" -
"user_files" -
"imported_files" -
"libraries" -
..."
(procedure "dpm_convertJTifToKTif" line 35)
invoked from within
"dpm_convertJTifToKTif aJTif aKTif $bIsDamselProject $bIsSnapshot "
(procedure "dpm_migrateAndUpdateIseFromJTif" line 54)
invoked from within
"dpm_migrateAndUpdateIseFromJTif $sensiblePath aJTif $bIsDamselProject $bIsSnapshot"
(procedure "::Xilinx::Dpm::migrateProject" line 149)
invoked from within
"::Xilinx::Dpm::migrateProject {<proj_directory>/<proj>..ise} 10.1 9.2.04i"

ソリューション

このエラーは、Project Navigator でカスタムのテキスト エディタが選択され、エディタへのディレクトリ パスにスペースが含まれている場合に発生します。

例 : 文字列の編集、表示にワードパッドを使用するために、[Preferences] ダイアログ ボックスの [Editor] で [Custom] を、[Command line syntax] でC:/Program Files/Windows NT/Accessories/wordpad.exe'' $1
と設定します。
エディタのパスにはスペースが含まれるため、設定どおりに動作するように、[Command line syntax] にダブル クォーテーションが追加されます。ただし、これらのダブル クォーテーション マークは、RESTORE ファイルを書き出すコードでは認識されず、ファイルに不正なダブル クォーテーションが含まれてしまいます。

ISE 10 の移行スクリプトでは、ISE 9.2i プロジェクトの RESTORE ファイルが使用されるため、上記の場合にエラーが発生します。

この問題を回避するには、移行の前にカスタム エディタの設定を変更します。9.2i Project Navigator で開いたプロジェクトで、ダブル クォーテーションではなく、{ } を使用してパスを囲むか、またはパスそのものを削除します (10.1 Project Navigator では、RESTORE ファイルからカスタム エディタが選択されません)。

ISE 9.2i が使用できない場合は、 RESTORE ファイルを編集し、{ } を追加するか、またはコマンド ラインの構文を次のように変更します。

"A" "" "" "" "PROP_UserEditorCustomSetting" "{C:/Program Files/Windows NT/Accessories/wordpad.exe} $1"

RESTORE スクリプトにカスタム エディタ フィールドを正しく書き込むよう、ISE 10 は変更されています。この問題は、最新の 10.1 サービス パックで修正されています。サービス パックは、次のサイトから入手できます。
http://japan.xilinx.com/support/download/
この修正は、10.1 サービス パック 3 以降に含まれます。
AR# 30562
日付 07/09/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加