AR# 30580

|

10.1 Timing Analyzer - タイム グループの作成に使用した RISING/FALLING キーワードが機能しない

説明

キーワード : Trce, DDR, analysis, 41, 51, トレース, 解析

RISING/FALLING キーワード を使用してタイム グループを作成すると、そのグループに 1つもエレメントが含まれません。次が UCF 構文です。

TIMEGRP "RXCLK1_RISING" = RISING "src_ddr_RxClock_1";
TIMEGRP "RXCLK1_FALLING" = FALLING "src_ddr_RxClock_1";
OFFSET = IN 2.5 ns VALID 5 ns BEFORE "src_ddr_RxClock_1" TIMEGRP "RXCLK1_RISING";
OFFSET = IN 2.5 ns VALID 5 ns BEFORE "src_ddr_RxClock_1" TIMEGRP "RXCLK1_FALLING";

Map reported the following warning messages:
WARNING:MapLib:41 - All members of TNM group "RXCLK3_RISING" have been optimized out of the design.
WARNING:MapLib:41 - All members of TNM group "RXCLK3_FALLING" have been optimized out of the design.
WARNING:MapLib:51 - The offset specification "OFFSET=IN 0 pS VALID 5000 pS BEFORE src_ddr_RxClock_3 TIMEGRP RXCLK3_RISING" has been discarded because its register group (RXCLK3_RISING) was optimized away.
WARNING:MapLib:51 - The offset specification "OFFSET=IN 0 pS VALID 5000 pS BEFORE src_ddr_RxClock_3 TIMEGRP RXCLK3_FALLING" has been discarded because its register group (RXCLK3_FALLING) was optimized away.

ソリューション

DCM/PLL/DLL/BUFR またはほかのクロック修正ブロックがクロック パスに含まれる場合は、クロック修正ブロックを駆動するクロック タイム グループではなく、ベース タイム グループとしてクロック修正ブロックで駆動されるクロック ベース タイム グループを使用してください。

例 :
#Net clkA drives into the DCM
NET clkA TNM = clka_grp;
#BAD constraints
TIMEGRP rising_clka = RISING clka_grp;
TIMEGRP falling_clka = FALLING clka_grp;

#Net clkB is driven from the DCM
NET clkB TNM = clkb_grp;
#GOOD constraints
TIMEGRP rising_clkb = RISING clkb_grp;
TIMEGRP falling_clkb = FALLING clkb_grp;
AR# 30580
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed