AR# 30972

|

10.1 NGDBuild - UCF の制約が NCF の制約より優先されない

説明

キーワード : NCF, SDC, Auto, Constraint, Vendor, 自動, 制約, ベンダー

Synplify を使用してデザインを合成しました。 UCF ファイルでは入力クロックに対して PERIOD 制約が付いています。[Translate] プロセスを実行すると、ISE のトランスクリプト ウィンドウに表示される変換レポートに、次のような警告メッセージが表示されます。

WARNING:NgdBuild:1011 - The constraint <TIMESPEC "TS_rd_clk" = PERIOD "rd_clk" 2.5 ns HIGH 50 %;>[./my_constraints.ucf(5)] is overridden by the constraint <TIMESPEC TS_rd_clk = PERIOD "rd_clk" 2549.000000000 pS HIGH 50....>.

UCF ファイルの制約が別の PERIOD 制約で上書きされてしまうのはなぜですか。

ソリューション

これは既知の問題で、今後の ISE リリースで修正される予定です。

デフォルトでは、Synplify は UCF ファイルで既に記述されたネットを制約する自動生成の制約を含めて制約ファイル (NCF) を生成します。 NGDBuild では、UCF ファイルの制約の方が優先的に割り当てられるので、ベンダーの制約ファイル (NCF) でリストされるものは上書きされます。ただし、10.1 では上書きされません。

この問題を回避するには、次の環境変数を使用してください。

XIL_NGDBUILD_CS=0

環境変数の設定の詳細は、(Xilinx Answer 11630) を参照してください。

AR# 30972
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed