UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 31460

v1.10 および v1.10.1 Endpoint Block Plus Wrapper for PCI Express - CORE Generator のカスタマイズ GUI の 7 ページ目で FXT デバイスのデフォルトの TXPREEMPHASIS 値が不正

説明


既知の問題 v1.10、v1.9、v1.8、v1.7.1、v1.6.1、v1.5.2

CORE Generator のカスタマイズ GUI の 7 ページ目で FXT デバイスのデフォルトの TXPREEMPHASIS 値が不正です。

ソリューション


FXT デバイスの Block Plus コア ソリューションでは、プリエンファシスを 50% に、また TXBUFDIFFCTRL および TXDIFFCTRL も 1000mv にする必要があります。

GUI でのこの問題が原因で、GUI で設定される値は生成後のコードから取得される値と同じになりません。GTX MGT の上記の設定値を得るには、TXDIFFCTRL を 800、TXPREEMPHASIS を 39 に設定し、GTX に次図で示す機能がなくても TX_DIFF_BOOST のチェック ボックスをオンにします。

コアの生成後に、これらの設定はプリエンファシスが 50%、また TXBUFDIFFCTRL および TXDIFFCTRL も 1000mv に正しく変換されます。

注記 : PCI Express では TXBUFFDIFFCTRL およびTXDIFFCTRL を GTX で同じになるように設定します。

推奨される FXT デフォルト設定
推奨される FXT デフォルト設定
 

  GTX では、TXBUFFDIFFCTRL/TXDIFFCTRL のその他の設定を次の表で確認できます。たとえば 600mv の振幅にするときは、ウィザードで 1100mv を設定します。 

 
TXBUFFDIFFCTRL ウィザード変換
TXBUFFDIFFCTRL ウィザード変換
 

  また、GTX では TXPREEMPHASIS のその他の設定も次の表で確認できます。 たとえば 25% にする場合は、ウィザードで 10.5% を設定します。

 
TXPREEMPHASIS ウィザード変換
TXPREEMPHASIS ウィザード変換
 

  この問題は、GTP ベースのソリューションには影響しません。GUI で選択した設定は、生成したコアで使用されます。この問題は、11.2 または v1.11 の Block Plus コアで修正されています。


改訂履歴
2009/06/24 - v1.11 での修正のアップデート
2009/04/13- ISE 11.1 および v1.10コア用にアップデート
2009/03/26 - 情報および表の追加
2008/9/10 - v1.9 用にアップデート
2008/8/15 - 初期リリース
AR# 31460
日付 08/28/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
  • Endpoint Block Plus Wrapper for PCI Express
このページをブックマークに追加