AR# 31462

|

10.1i Spartan-3A PAR - 「ERROR:Place:1012 - A clock IOB / DCM component pair have been found that are not placed at an optimal clock IOB / DCM site pair」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : DCM, placement, placed, optimal, 配置, 最適



デザインの配置段階で次のようなエラー メッセージが表示されます。このエラー メッセージには、DCM が LOC 制約で固定されている IOB とは反対の辺に配置されていることが記載されています。DCM は制約されておらず、適した DCM サイトは使用可能です。配置ツールでこのような配置が選択されるのはなぜですか。

ERROR:Place:1012 - A clock IOB / DCM component pair have been found that are not placed at an optimal clock IOB / DCM
site pair. The clock component <infrastructure_top0/clk_dcm0/DCM_INST1/DCM_SP> is placed at site <DCM_X0Y0>. The
clock IO/DCM site can be paired if they are placed/locked in the same quadrant. The IO component <sys_clk> is placed
at site <P130>. This will not allow the use of the fast path between the IO and the Clock buffer. If this sub
optimal condition is acceptable for this design, you may use the CLOCK_DEDICATED_ROUTE constraint in the .ucf file to
demote this message to a WARNING and allow your design to continue. However, the use of this override is highly
discouraged as it may lead to very poor timing results. It is recommended that this error condition be corrected in
the design. A list of all the COMP.PINs used in this clock placement rule is listed below. These examples can be used
directly in the .ucf file to override this clock rule.
< NET "sys_clk" CLOCK_DEDICATED_ROUTE = FALSE; >
< PIN "infrastructure_top0/clk_dcm0/DCM_INST1/DCM_SP.CLKIN" CLOCK_DEDICATED_ROUTE = FALSE; >

ソリューション

この問題は、クロック配置ツールで各 DCM サイトのあるチップの辺が正しく識別されないことが原因で発生します。DCM を適切なサイトに制約すると、この問題を回避できます。

この問題は、Spartan-3 のすべてのファミリで発生する可能性があります。

この問題は、最新版の 10.1 サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://japan.xilinx.com/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、10.1 サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 31462
日付 08/18/2008
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed