UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 31565

10.1 EDK - XMD でセグメンテーション エラーが発生する

説明

キーワード : debug, ChipScope, impact, Linux, shared, library, デバッグ, 共有, ライブラリ

Linux シェルにザイリンクス ツールをすべて設定していますが、プロセッサ システムをデバッグするときに XMD から次のようなメッセージが表示されます。

$ xmd
Xilinx Microprocessor Debug (XMD) Engine
Xilinx EDK 10.1.01 Build EDK_K_SP1.3
Copyright (c) 1995-2007 Xilinx, Inc. All rights reserved.

XMD%
XMD% connect ppc hw
Info:AutoDetecting cable. Please wait.
...
nfo:File version of /opt/Xilinx/10.1/ISE/bin/lin/xusbdfwu.hex = 1030.
Info:File version of /usr/share/xusbdfwu.hex = 1030.
Info: Using libusb.
Info: Max current requested during enumeration is 280 mA.
Info:write cmdbuffer failed 1.
Info:write cmdbuffer failed 1.
Info:Loopback test failed. Sent character = 00, Received character = 00.
Info:Cable connection failed.
Info: OS platform = i686.
Segmentation fault

ソリューション

この問題は、ChipScope でインストールされた SO ファイルが XMD で使用されるために発生します。

この問題を回避するには、EDK ツールを最初に起動させ、EDK でインストールされたライブラリ ファイルを XMD で読み込むように、$PATH および $LD_LIBRARY 環境変数を設定します。

この問題は、最新の 10.1 サービス パックで修正されています。サービス パックは、次のサイトから入手できます。
http://japan.xilinx.com/support/download/
この修正は、10.1 サービス パック 3 以降に含まれます。
AR# 31565
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加