AR# 31635

Endpoint Block Plus Wrapper v1.9 for PCI Express - 信側のシリアル ラインの極性が逆になると Gen 2 マザーボードでリンク トレインできなくなる

説明

キーワード : Generation 2, slot, reversal, autonomous change bit, GEN 2, スロット, 逆, 自律変更ビット

既知の問題: v1.9, v1.8, v1.7.1, v1.6.1

受信側のシリアル ラインの極性が逆になると、GEN 2 スロットでコアがリンク トレインできなくなる場合があります。

この問題の回避策を教えてください。

ソリューション

この問題は、次の 3 つの条件がすべて揃った場合にのみ発生します。

1. Endpoint が GEN 2 スロットに接続されている。
2. シリアル ラインで信号を受信している Endpoint レーンのいずれかの極性が逆になる。
3. マザーボードで TS1/TS2 順序セットの自律変更ビットが設定されている。

この修正は、v1.9 Rev 1 パッチに含まれています。パッチは、(Xilinx Answer 31572) から入手できます。

改訂履歴
01/07/2009 - パッチ情報を追加
2008 年 9 月 10 日 - 初期リリース
AR# 31635
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般