AR# 31659

10.1 ISE - [Simulate Behavioral Model] プロセスで「 ERROR:ProjectMgmt:387 - TOE: ITclInterp::ExecuteCmd gave Tcl result 'can't read "aDUName(ParseDuType)"」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : ABEL, ModelSim, mti, simulation, Project Navigator, Tcl , module, abl, blf2lang, シミュレーション, モジュール, プロセス

ISE プロジェクトには ABEL ソース コードが含まれており、ModelSim がシミュレータとして使用されます。[Behavioral Simulation] の下に表示されているテスト ベクタ ソースを選択して [Processes] タブで [ModelSim Simulator] -> [Simulate Behavioral Model] をダブルクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

BLF2LANG complete - 0 errors, 0 warnings.

Process "Reformat Logic" completed successfully
ERROR:ProjectMgmt:387 - TOE: ITclInterp::ExecuteCmd gave Tcl result 'can't read "aDUName(ParseDuType)": no such element in array'.
Tcl_ErrnoId: unknown error
Tcl_ErrnoMsg: No error
_cmd: ::xilinx::Dpm::dpm_chTransformExecute dpm_msimRun $piThisInterface
errorInfo: can't read "aDUName(ParseDuType)": no such element in array
while executing
"string equal -nocase $aDUName(ParseDuType) "Architecture""
("TRAN_AbelMSimulateBehavioralModel" arm line 4)
invoked from within
"switch -- $sTransformName {
TRAN_MSimulateBehavioralModel -
TRAN_MSimulateBehavioralModel(bencher) {
set sCreateDoProc d..."
(procedure "dpm_msimRun" line 28)
invoked from within
"$sCmd $iTransformInstance $sCmdArgs"
(procedure "dpm_chTransformExecuteEngine" line 97)
invoked from within
"dpm_chTransformExecuteEngine $sFlowProc $iInterface $bRunTransformWithEmptyInputSet "
(procedure "::xilinx::Dpm::dpm_chTransformExecute" line 3)
invoked from within
"::xilinx::Dpm::dpm_chTransformExecute dpm_msimRun $piThisInterface"

ソリューション

代わりに ISE Simulator を使用すると、この問題を回避できます。

この問題は、最新の 10.1 サービス パックで修正されています。
http://japan.xilinx.com/support/download/

この問題は、10.1 サービス パック 3 以降に含まれます。
AR# 31659
日付 07/26/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般