UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32020

10.1 EDK - 存在しないレジスタ アドレスへのアクセスがあるとプロセッサが停止する

説明

キーワード : Create/Import Peripheral Wizard, CIP, invalid, address, XMD, 作成, インポート, ペリフェラル, ウィザード, 無効, アドレス

レジスタを 3 つ使用して Create / Import Peripheral (CIP) Wizard で pcore を作成した場合、C_ARD_NUM_CE_ARRAY の数値が正しくありません。

Analyzing hierarchy for entity <user_logic>: C_NUM_REG = 3
Analyzing hierarchy for entity <plbv46_slave_single>:
C_ARD_NUM_CE_ARRAY = (4)

reading baseaddress..
C_BASEADDR + 0x0 ok
C_BASEADDR + 0x4 ok
C_BASEADDR + 0x8 ok
C_BASEADDR + 0xC

4 番目の存在しないレジスタが読み込まれると、MicroBlaze は停止します。

ところが、pcore を 2 つのレジスタで作成した場合、ce_array は正確です。

Analyzing hierarchy for entity <user_logic>: C_NUM_REG = 2
Analyzing hierarchy for entity <plbv46_slave_single>: C_ARD_NUM_CE_ARRAY = (2)

ソリューション

このアドレス空間に存在するレジスタはないので、C_INCLUDE_DPHASE_TIMER パラメータは 1 に設定しないと、データ位相のタイムアウトが不可能になります。このパラメータは MHS または MPD ファイルのいずれかで設定できます。このパラメータの詳細は、IPIF データシートを参照してください。
AR# 32020
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加