UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32079

iMPACT - Spartan-3AN - PRM の MCS チェックサムが iMPACT で計算した値と異なる

説明

Spartan-3AN の内部フラッシュで、PRM ファイルのチェックサムが iMPACT の [Get Device Checksum] の結果と違うのはなぜですか。

ソリューション

MCS リニアー アドレス指定が iMPACT でチェックサムのリードバックを計算するのに使用される Spartan-3AN ページのアドレス形式と異なるからです。

フラッシュの内容を検証するには、iMPACT の [Verify] を使用し、割り当てられた MCS ファイルがフラッシュのコンフィギュレーション データと一致していることを確認します。

または、ISF をリニアー アドレス指定モード (2 のべき数) に設定します。これで、リードバックの結果がリニアーになり PRM ファイルのものと同じになります。

AR# 32079
作成日 02/02/2009
最終更新日 06/13/2013
ステータス アクティブ
タイプ 一般
デバイス
  • Spartan-3AN
ツール
  • ISE - 10.1
  • ISE Design Suite - 11.1
  • ISE Design Suite - 11.2
  • More
  • ISE Design Suite - 11.3
  • ISE Design Suite - 11.4
  • ISE Design Suite - 11.5
  • ISE Design Suite - 12.1
  • ISE Design Suite - 12.2
  • ISE Design Suite - 12.3
  • ISE Design Suite - 12.4
  • ISE Design Suite - 13
  • ISE Design Suite - 13.1
  • ISE Design Suite - 13.2
  • ISE Design Suite - 13.3
  • ISE Design Suite - 13.4
  • Less