AR# 32122

Serial RapidIO v5.1 - Re-Transmit Suppression Support ビットが間違って 1'b0 になる

説明

ユーザー ガイドには、PHY CAR レジスタの Re-Transmit Suppression Support ビット (PHY オフセット 0x10、ビット 25) のリセット値が 1'b1 であると記載されていますが、レジスター ビットが読み出されると、値は 1'b0 になってしまいます。

ソリューション


Serial RapidIO コアでは、Re-Transmit Suppression 機能はサポートされていますが、このビットはコアの PHY Processing Element Features Capability Register に間違って設定されています。この問題は、シミュレーションとハードウェア インプリメンテーションの両方に影響します。このビットは読み出し専用なので、Maintenance Write を使って設定することができません。

Re-Transmit Suppression Mask ビットも CORE Generator で選択された値にリセットされません (すべて 0 にリセットされます)。このマスク ビットは読み出し/書き込みなので、Maintenance Write を使って目的の値に上書きできます。

この問題は、今後の コアのリリースで修正される予定です。



改訂履歴

2009 年 2 月 12 日 - 初期リリース
AR# 32122
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般