UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32132

LogiCORE IP Color Correction Matrix - リリース ノートおよび既知の問題

説明


このアンサーは、CORE Generator ツール LogiCORE IP Color Correction Matrix コアのリリース ノートです。

コアの各バージョンについて、次の情報が掲載されています。
  • 新機能
  • 修正点
  • 既知の問題
LogiCORE IP Color Correction Matrix ラウンジ :
http://japan.xilinx.com/products/ipcenter/EF-DI-CCM.htm

ソリューション

LogiCORE IP Color Correction Matrix の一般的な問題
LogiCORE IP Color Correction Matrix v5.01.a
  • ISE 14.3 および Vivado 2012.3 ツールでリリース
サポートされるデバイス (ISE)
  • すべての 7 シリーズ
  • すべての Virtex-6
  • すべての Spartan-6
サポートされるデバイス (Vivado)
  • すべての 7 シリーズ
新機能
  • ISE 14.3 ツールをサポート
  • AXI4-Lite 接続のレジスタで発生していたクロック ドメインの問題を修正
  • 係数範囲を [-4:4] から [-8:8] へ拡大
修正点 (ISE) 修正点 (Vivado)
  • (ザイリンクス アンサー 50909) 2012.2 Vivado シミュレータ - ビヘイビアー シミュレーション フローを使用して Vivado シミュレータで IP をシミュレーションしようとするとエラーまたは不一致が発生する
  • (ザイリンクス アンサー 51483) ビデオ入力から AXI-4 Stream 入力コアにパーシャル入力フレームを送信すると、ビデオ IP がフリーズする
既知の問題 (ISE) 既知の問題 (Vivado)
LogiCORE IP Color Correction Matrix v5.00.a
  • ISE 14.2 および Vivado 2012.2 ツールでリリース
サポートされるデバイス (ISE)
  • すべての 7 シリーズ
  • すべての Virtex-6
  • すべての Spartan-6
サポートされるデバイス (Vivado)
  • すべての 7 シリーズ
新機能
  • ISE 14.2 ツールをサポート
  • AXI4-Lite 用に独立クロックを追加
修正点
  • なし
既知の問題 (ISE) 既知の問題 (Vivado)
  • (ザイリンクス アンサー 50909) 2012.2 Vivado シミュレータ - ビヘイビアー シミュレーション フローを使用して Vivado シミュレータで IP をシミュレーションしようとするとエラーまたは不一致が発生する
  • (ザイリンクス アンサー 51483) ビデオ入力から AXI-4 Stream 入力コアにパーシャル入力フレームを送信すると、ビデオ IP がフリーズする

LogiCORE IP Color Correction Matrix v4.00.a
  • ISE 14.1 および Vivado 2012.1 ツールでリリース
サポートされるデバイス (ISE)
  • Virtex-7
  • Kintex-7
  • Artix-7
  • Zynq-7000
  • Virtex-6
  • Spartan-6
サポートされるデバイス (Vivado)
  • Virtex-7
  • Kintex-7
  • Artix-7
  • Zynq-7000
新機能
  • ISE 14.1 ツールをサポート
  • Virtex-7、Kintex-7、Artix-7 および Zynq デバイスをサポート
  • 入力および出力インターフェイスに対し、AXI4-Stream インターフェイスをサポート
  • プロセッサ インターフェイスに対し、AXI4-Lite バス インターフェイスをサポート
  • 16 ビット データをサポート
修正点
  • なし
既知の問題
  • なし
LogiCORE IPColor Correction Matrix v3.0
  • ISE Design Suite 13.3 でリリース
サポートされるデバイス
  • Virtex-7
  • Virtex-7 XT (7vx485t)
  • Virtex-7 -2L
  • Kintex-7
  • Kintex-7 -2L
  • Virtex-6 XC CXT/LXT/SXT/HXT
  • Virtex-6 XQ LXT/SXT
  • Virtex-6 -1L XC LXT/SXT
  • Virtex-6 -1L XQ LXT/SXT
  • Spartan-6 XC LX/LXT
  • Spartan-6 XA LX/LXT
  • Spartan-6 XQ LX/LXT
  • Spartan-6 -1L XC LX
  • Spartan-6 -1L XQ LX
新機能
  • ISE 13.3 ツールをサポート
  • Virtex-7 および Kintex-7 デバイスをサポート
  • EDK Pcore インターフェイスで AXI4-Lite バス インターフェイスをサポート
修正点
  • CR 621035 : 入力ビット幅が出力ビット幅と異なっている場合に、データが適切に調整されるよう修正
  • CR 570860 : ソフトウェア イネーブルが vblank_in によりゲートされるよう修正
既知の問題 LogiCORE Color Correction Matrix v2.0
  • ISE Design Suite 12.2 でリリース
新機能
  • 列と行の総数を 4k x 4k ピクセルに増加
  • Spartan-6 および Virtex-6 デバイスのサポートを追加
  • Linux 32 ビットおよび 64 ビットをサポート
  • XSVI バスの Pcore サポートを追加
修正点
  • (ザイリンクス アンサー 35130) - デザイン リンク ライセンスを使用して生成すると「ERROR:sim - Error: Netgen failed for v_cfa_v1_0.vhd. ERROR:NetListWriters:380 - The design contains secured core」というエラー メッセージが表示される
  • (ザイリンクス アンサー 35433) - Color Correction Matrix エレメントの 1 つを整数に設定していると、すべてのエレメントが整数に変換される
既知の問題 LogiCORE IP Color Correction Matrix v1.0
  • ISE Design Suite 11.1 でリリース
新機能
  • マトリックス係数をプログラム可能
  • プロセッサ インターフェイスを選択可能
    • EDK pCore
    • 汎用プロセッサ
    • 定数
  • CMY 入力を RGB 出力にカラー変換
  • コンフィギュレーション可能な 8、10、12 ビット入力および出力
  • 独立したクリップおよびクランプ制御
  • 最大 3 つの同期信号までの遅延マッチ サポート
  • XtremeDSP スライスの効率よい使用
  • ISE 11.1 デザイン ツールをサポート
修正点
  • なし
既知の問題
  • (ザイリンクス アンサー 32340) - Image Processing Pipe Video IP コアのパラメーターまたはライセンスを変更し、同じコンポーネント名を使用すると、ネットリストがアップデートされない
  • (ザイリンクス アンサー 33581) デザインの出力シミュレーション ネットリストが暗号化されていて、ISE Simulator でしか読み出すことができない
  • (ザイリンクス アンサー 33872) - 「ERROR:sim - An IP generation script exited abnormally. Error found during generation.」というエラー メッセージが表示される
  • (ザイリンクス アンサー 35130) - デザイン リンク ライセンスを使用して生成すると「ERROR:sim - Error: Netgen failed for v_cfa_v1_0.vhd. ERROR:NetListWriters:380 - The design contains secured core」というエラー メッセージが表示される
  • (ザイリンクス アンサー 35433) - Color Correction Matrix エレメントの 1 つを整数に設定していると、すべてのエレメントが整数に変換される

アンサー レコード リファレンス

サブアンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
37987 『Xilinx Streaming Video Interface User Guide』 (UG762) の入手先 N/A N/A
35433 LogiCORE Color Correction Matrix - Color Correction Matrix エレメントの 1 つを整数に設定していると、すべてのエレメントが整数に変換される N/A N/A
35130 LogiCORE IP Image Processing Pipeline コア - Design Linking License を使用して生成すると、「ERROR:sim - Error: Netgen failed for v_cfa_v1_0.vhd. ERROR:NetListWriters:380 - The design contains secured core」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
33872 LogiCORE IP Image Processing Pipeline コア - 「ERROR:sim - An IP generation script exited abnormally. Error found during generation.」というエラー メッセージが表示されるまたは「ERROR:Sim - assertMcrCacheRoot : Temp environment variable set is too long ...」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
33581 LogiCORE Image Processing Pipeline v1.0 - デザインの出力シミュレーション ネットリストが暗号化されていて、ISE Simulator でしか読み出すことができないのはなぜですか N/A N/A
32340 11.1 CORE Generator - Why do my Image Processing Pipe Video IP cores fail to update the netlist when the parameters or the license are changed, but the component name remains constant? N/A N/A
32136 LogiCORE IP Image Processing Pipeline - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 32132
作成日 03/10/2009
最終更新日 10/08/2012
ステータス アクティブ
タイプ リリース ノート
IP
  • Color Correction Matrix