AR# 32152

Spartan-3AN コンフィギュレーション - Spartan-3AN に読み込まれたイメージが悪く、ボード上で問題が発生する場合の対処法

説明

キーワード : mode, pins, jtag, initialize, fail, stop, loading, モード, ピン, 初期化, エラー, 停止, 読み込み

ほとんどのシステムで、電源投入時に Spartan-3AN は自動的に読み込まれます。Spartan-3AN が、ボード上のほかのコンポーネントのリセット信号を制御するボード レベル コントローラとして使用されている場合もあります。

Spartan-3AN に不正な BIT ファイルが読み込まれ、ボード上のリセット信号を正しく管理できず、 JTAG チェーンが壊れてしまう場合、どのように対処すればよいでしょうか。

ソリューション

Spartan-3AN パーツのイメージがシステム レベルで問題を引き起こしている場合、いくつかの対処法があります。

1. モード ピンを JTAG に変更し、iMPACT を使用してフラッシュを消去します。

2. SVF ファイルを作成しフラッシュを消去します。ボードに電源投入し、起動したらすぐにこの SVF ファイルを実行します。フラッシュからのコンフィギュレーションが完了する前に JTAG ロジックが実行されます。この方法を利用する場合は、SVF ファイルを iMPACT ですぐ再生できるよう準備しておく必要があり、ボードが起動した瞬間に iMPACT の GUI で [Excecute] をクリックします。

3. INIT を Low に保持し、フラッシュからのコンフィギュレーションを遅らせます。INIT が Low の間、上述したようにSVF ファイルでの消去を実行します。ファイルが再生し始めたら、JTAG がデバイス上で機能するようになるので INIT を解放します。

SVF 消去を作成するには、[Boundary Scan] タブをクリックし、チェーンを初期化するか、デバイスを手動で追加するかして、デバイスをチェーンを作成します。次にワークスペースで右クリックし、出力ファイルを選択してから SVF ファイルを選択し、SVF ファイルへの書き込み操作を開始します。デバイスを右クリックし、[Erase] をクリックします。これで SVF ファイルに消去操作が記録されます。次に、ワークスペースを右クリックし、出力ファイルを選択して、書き込みを停止します。

ファイルを再生するには、SVF ファイルに定義されているとおりに、チェーン内のデバイスすべてを消去し、その後、その SVF ファイルをワークスペースに追加します。次に SVF ファイルを右クリックし [Execute] をクリックします。
AR# 32152
日付 03/06/2013
ステータス アクティブ
種類 一般