UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32301

ライセンス - ザイリンクス ツールのライセンスに関する問題の解決方法

説明

このアンサーでは、ザイリンクス ツールのライセンスの取得、設定、および使用時に発生する可能性がある一般的な問題の一部の解決方法をリストしています。

その他の便利なリンク

『ISE Design Suite 14: リリース ノート、インストールおよびライセンス』 (UG631) のライセンス取得手順:

『ISE Design Suite 14: リリース ノート、インストールおよびライセンス』

ザイリンクス ライセンスに関する一般的な質問:

https://japan.xilinx.com/tools/faq.htm

または

(Xilinx Answer 41259)

ザイリンクス ソフトウェア ライセンスに関する既知の問題:

(Xilinx Answer 32295)

ソフトウェア ライセンス ページ:

https://japan.xilinx.com/getlicense

ソリューション

ライセンスの取得 (購入、生成、ダウンロードなど)

ユーザーのザイリンクス ライセンス アカウントに希望する製品が表示されない (資格なし)


  • アカウントの電子メール アドレスと製品の購入時に使用した電子メール アドレスが同じであるかどうかを確認してください。アカウント (ライセンス) は電子メール アドレスに基づいています。多くの企業では、joe.smith@cool_works.com と jsmith@cool_works.com など、フォーマットが異なる電子メール アドレスが使用されています。2 つのアドレスが同じ受け取り先になっていても、ザイリンクス ダウンロードおよびライセンス サイトへのログインの際には、別のアカウントとして処理されます。
  • ライセンスは、処理されしだい有効になります。ライセンスの購入元、支払決済、作業量によって、ライセンスが有効になるまでに購入から 2、3 日かかる場合があります。
  • ライセンスの付与に関する問題および質問は、https://japan.xilinx.com/support.html#serviceportal からザイリンクス カスタマー サービスにご連絡ください。
フローティング ライセンスを生成するオプションがない

  • フローティング ライセンスは、ザイリンクス ライセンスのアカウント管理者のみが生成できます。
  • ライセンス生成の際、同じライセンス ファイルにノード ロックまたはフローティング ライセンスのいずれかを生成できます (両方生成することはできません)。ノード ロック ライセンスのみを使用する製品機能が選択された場合は、フローティング ライセンスの生成機能が無効になります。
  • ザイリンクス ライセンスのアカウント管理者でこのオプションが表示されない場合は、ライセンス付与に問題があるので、ザイリンクス カスタマー サービスまでご連絡ください。

ライセンスの変更 (リホスト、シート数の変更など)


ライセンスが配布されない

  • ライセンスおよびその付与の通知メールがジャンク メール フォルダーに配置されてしまうという問題が報告されています。ザイリンクス ダウンロードおよびライセンス サイトから電子メールが届かない場合は、ジャンク メール フォルダーを確認してください。
  • ライセンスは、製品のダウンロードおよびライセンス取得ページから随時直接ダウンロードできます。 [Manage Licenses] タブで、生成したライセンスを選択してから、左下端にある [Download] (矢印マーク) をクリックします。

ライセンスのインストールおよび設定

サービス モードでの Windows サーバーの設定
  • %XILINX%\bin\nt にある lmtools.exe を使用して、ライセンス サーバー システムをサービスとして設定します。詳細は、(Xilinx Answer 32780) を参照してください。
    注記: 2018.x リリース以降では、インストール ディレクトリ (%XILINX%\bin\unwrapped\win64.o) から LMTOOLS ファイルが削除されています。

    LMTOOLS の入手および使用方法は、Flexera まで直接お問い合わせください。



ライセンス サーバー ユーティリティが見つからない

  • ライセンス サーバー ユーティリティは、ダウンロードおよびライセンス サイトから入手できます。
    https://japan.xilinx.com/getlicense
  • このオプションは、ザイリンクス ライセンス アカウント管理者のみが使用できます。管理者以外の方は、(Xilinx Answer 33022) を参照してください。

ファイアウォールがある場合のフローティング ライセンスの設定方法

  • ファイアウォール コンフィギュレーションの場合、ファイアウォールでライセンスのサーバー行で指定されているサーバー ポート番号とリターン ポートの 2 つのポートを開く必要があります。
    リターン ポートは、ファイアウォールで開いているポート番号に修正されるよう、ベンダー デーモン行で指定する必要があります。(Xilinx Answer 33115) を参照してください。

ライセンス ファイルをなくした、または誤って削除した

  • 生成されたライセンス ファイルは、随時ダウンロードまたは電子メールで送信できます。
    ザイリンクス製品ライセンス サイトの [Manage Licenses] タブで必要なライセンス ファイルをクリックし、左下にあるダウンロード アイコンまたは電子メール アイコンをクリックします。

正しいライセンスの検出に関する問題 (ライセンスが見つからない、間違ったライセンスが検出されるなど)

ライセンスのノード ロックに使用したイーサネット MAC ID が VLM に表示されない

  • ノートパソコンの中には、未使用時は LAN ポートを無効にする機能を備えているものがあります。これが原因でイーサネット MAC ID が表示されなくなることがあります。

ノード ロックしたライセンスが見つからない

  • [スタート] メニューから、またはコマンド シェルで vlm を実行して、Xilinx Vivado License Manager (VLM) を開きます。これは C:\Xilinx\Vivado\2018.3\bin のようなディレクトリにあります。
    これで検索ディレクトリに含まれるすべてのザイリンクス ライセンスが表示されます。
  • ザイリンクス ツールでライセンスが検索される場所の 1 つにライセンス ファイルが含まれていることを確認します。
    ノード ロック ライセンスでは、これは通常ホーム ドライブの下にある .xilinx ディレクトリ (c:\.Xilinx または ~/.Xilinx など) ですが、ザイリンクス ソフトウェアでライセンスが検索される可能性のある場所はほかにも数箇所あります。
    検索されるすべてのディレクトリについては、https://japan.xilinx.com/tools/faq.htm で「ザイリンクス ソフトウェア ツール (CORE Generator 以外) がライセンスを検索する際の順番とロケーションは?」をクリックします。
  • ライセンスがデフォルトの場所にない場合は、XILINXD_LICENSE_FILE で正しい値が設定されていることを確認します。
  • ライセンス ファイルを開き、必要な機能が含まれていることを確認します。
    機能は、FEATURE または INCREMENT キーワードの後にあるか、またはパッケージのコンポーネントとして含まれています (パッケージ名も FEATURE または INCREMENT キーワードの後にある)。
  • 製品のライセンス キーが含まれているはずのファイルで lmutil 診断を実行し、使用可能なライセンス キーおよびチェックアウト ステータスを取得します。
    例: lmutil lmdiag -c c:\.Xilinx\xilinx.lic
    (lmutil は、Windows OS では C:\Xilinx\Vivado\2018.3\bin\unwrapped\win64.o、Linux では /opt/Xilinx/Vivado/2018.3/bin/unwrapped/lnx64.o のようなフォルダーにある)
  • LogiCORE IP ライセンスの場合は、コマンド ラインから lmdiag を実行してもライセンス ステータスを確認できます。
    例: lmutil lmdiag pci_express
  • リモート デスクトップでソフトウェアを実行している場合は、ライセンスに TS_OK (Terminal Server OK) キーが含まれていることを確認します。VLM ではライセンスが有効であることが示されますが、ソフトウェアでは有効なライセンスが見つからなかったことを示すメッセージが表示されます。

フローティング ライセンスが見つからない

  • [スタート] メニューから、またはコマンド シェルで vlm を実行して、Xilinx Vivado License Manager (VLM) を開きます。これは C:\Xilinx\Vivado\2018.3\bin のようなディレクトリにあります。
    これで検索ディレクトリに含まれるすべてのザイリンクス ライセンスが表示されます。
  • ザイリンクス ツールでライセンスが検索される場所の 1 つにライセンス ファイルが含まれていることを確認します。フローティング ライセンスでは、これは通常 XILINXD_LICENSE_FILE の PORT@Server で指定されている場所ですが、ザイリンクス ソフトウェアでライセンスが検索される可能性のある場所はほかにも数箇所あります。
    検索されるすべてのディレクトリについては、https://japan.xilinx.com/tools/faq.htm で「ザイリンクス ソフトウェア ツール (CORE Generator 以外) がライセンスを検索する際の順番とロケーションは?」をクリックします。
  • XILINXD_LICENSE_FILE でライセンス ファイルに含まれている正しいポート番号およびサーバー名が設定されていることを確認します。
  • ライセンス ファイルを開き、必要な機能が含まれていることを確認します。機能は、FEATURE または INCREMENT キーワードの後にあるか、またはパッケージのコンポーネントとして含まれています (パッケージ名も FEATURE または INCREMENT キーワードの後にある)。
  • 製品のライセンス キーが含まれているはずの PORT@SERVER ディレクトリで lmutil 診断を実行し、使用可能なライセンス キーおよびチェックアウト ステータスを取得します。
    例: lmutil lmdiag -c 2100@server1
  • すべての PORT@SERVER ディレクトリと LM_LICENSE_FILE および XILINXD_LICENSE_FILE のキャッシュ ディレクトリで特定の機能を確認します。
    例: lmutil lmdiag ISE
  • LogiCORE IP ライセンスの場合は、コマンド ラインから lmdiag を実行してもライセンス ステータスを確認できます。
    例: lmutil lmdiag pci_express
  • ライセンスがサーバー上で動作していることを確認します。
  • PORT@SERVER ディレクトリが見つからない場合は、lmutil lmdiag を実行した場合にメッセージなしでプロンプトに戻ります。
  • クライアントとサーバーが通信できるかどうかを確認します。
  • クライアントからサーバーに対して ping を実行します (「C:\>ping server12」など)。
  • クライアントからサーバーに対して telnet を実行します (「C:\>telnet server12」など)。

フローティング ライセンスの場合で Vivado 2017.3 以降のバージョンを使用している場合は、Flex 11.14.1 にライセンス ユーティリティをアップグレードする必要性について (Xilinx Answer 69377) も参照してください。

(Xilinx Answer 69969) も参照してください。


ライセンス コンポーネントが複数の場所または 1 つのライセンス ファイルの複数のパッケージで検出された場合に使用するコンポーネントのインスタンス (優先順位)

複数のライセンス パッケージ (Logic Edition と System Edition のライセンスなど) で利用可能なライセンス コンポーネント (ISE など) は、次に示す順序で選択されます。

  1. アプリケーションに最上位の動作を提供するライセンスが優先されます。
    注記: ライセンスが必要なザイリンクスのアプリケーションのほとんどは、簡単に有効 (ライセンス付き) または無効 (ライセンスなし) を切り替えることができ、アプリケーションの動作レベルは同一です。
  2. 次に、バージョンの有効期限がもっとも古いライセンスが優先的に使用されます。
  3. バージョンの有効期限が同じ場合は、開始日が新しいライセンスが優先されます。
  4. バージョン期限 (Version Limit) と開始日が同じ場合は、最初に検索された有効なライセンスが優先されます。
    • 同じディレクトリ内のライセンスは、アルファベット順に検索されます。
    • 1 つのファイル内のライセンス機能は、ライセンス ファイルに記述されている順に検索されます。
  • 注記: 上記の項目 2 ~ 4 で指定されている優先順位は、sort 指示子で変更できます。
    これを使用するには、ライセンス ファイルの適切なインクリメント行を修正し、「sort=1」、「sort=2」などのように追加してください。sort の値が小さなものが大きなものよりも優先されます。
  • WebPACK ライセンスが存在し、使用可能である (ライセンスが有効でターゲット デバイスが WebPACK でサポートされている) 場合、検索順序には関係なく、ISE コンポーネントよりも WebPACK コンポーネントが優先されます。


不正なライセンス レベルが検出または使用される

  • LogiCORE IP コアのライセンス キーの場合は、最新のライセンスを入手した後にコアが再生成されていることを確認します。詳細は (Xilinx Answer 30517) を参照してください。  (Xilinx Answer 58758) も参照してください。
  • VLM を開き、FLEX ライセンスのキャッシュを消去します。
    • Linux オペレーティング システムでは、[Clear cache] により $HOME/.flexlmrc ファイル ($HOME/.Xilinx の下にあるファイルではない) が削除されます
    • Windows オペレーティング システムでは、[Clear cache] により HKEY_CURRENT_USER\Software\FLEXLM License Manager のレジストリ キーの値が削除されます。
  • XILINXD_LICENSE_FILE を必要なライセンスが最初に指定されるよう設定します。
    • 例 1: XILINXD_LICENSE_FILE=c:\.xilinx\xilinx.lic。「c:\.xilinx\xilinx.lic」は既にライセンスの検索ディレクトリに含められていますが、XILINXD_LICENSE_FILE 変数で指定することで最初に検索されるようになります。
    • 例 2: XILINXD_LICENSE_FILE=/user/eda/lic/Xlinx.lic:1700@myserver:2100@bigserver。Xilinx.lic は、いずれのサーバーのライセンス キーよりも先に検索されます。


ライセンスは見つかるが MAC アドレスが許容されない

「Vivado License Manager (VLM) に使用するマシンの HostID が「000000000000」と表示される」 (Xilinx Answer 60510) も参照してください。


無効なライセンスに関する問題 (ライセンスが検出されたが機能しない)

ノード ロック ライセンスは見つかるが機能しない

  • ホスト名とホスト ID を確認します。これらがノード ロック ライセンスがインストールされているマシンのホスト値と一致している必要があります。
    VLM では、ライセンスをロックするためにシステムで使用可能な値がリストされます。コマンド プロンプトで「lmutil lmhostid」と入力すると、システムに使用できる MAC アドレスが返されます。
  • ライセンスの使用期限日を確認します。
  • ライセンスの機能名が一致していることを確認します。
  • ライセンス ファイルに含まれるパッケージおよびコンポーネント行を確認し、そのソフトウェアのライセンスが付与されているかを確認します。
    たとえば、EDK に対してのみ発行されているライセンス ファイルでは、コンポーネント行に XPS および SDK しかリストされていないため、ISE は実行できません。System_Edition パッケージではコンポーネント行に ISE が含まれているため、これを実行できます。
  • OS サポートを確認します。ライセンスに関して、Xilinx では Flexera によってサポートされる OS のみをサポートしています。
    https://www.flexsim.com/ftp/LicenseServer/FlexNetPublisher_Docs/fnp_11.14.0_Rev01_RelNotes.pdf
  • ライセンス ファイルのフォーマット (DOS または UNIX) を確認します。ほとんどの場合、これは関係ありませんが、opensUSE (サポートされていない OS) では、dos2unix コマンドでライセンスを変換しないと正しく読み込まれないことが報告されています。
  • リモート デスクトップでソフトウェアを実行している場合は、ライセンスに TS_OK (Terminal Server OK) キーが含まれていることを確認します。VLM ではライセンスが有効であることが示されますが、ソフトウェアでは有効なライセンスが見つからなかったことを示すメッセージが表示されます。



ザイリンクス カスタマー サービスに問い合わせする必要がある状況

ユーザーを追加したいが、管理者権限がない

  • アカウント管理者であれば新しいユーザーを追加したり、ほかのユーザーをアカウント管理者にできます。
  • アカウントの管理者名を確認する場合は、カスタマー サービスまでお問い合わせください。


保証移行中に [Create Licenses] タブでそのライセンスが表示されない

特定のバージョンの IP ライセンスを生成する必要があるが、[Add Evaluation and No charge IP core] タブにこれらが表示されない

[Create New Licenses] タブにライセンスが付与されているはずの製品が表示されない

ザイリンクス アカウント内でのソフトウェアおよび IP ライセンスの管理について技術的ではない質問の回答を必要としている

注記: ザイリンクス カスタマー サービスへは、https://japan.xilinx.com/support.html#serviceportal からご連絡ください。



その他:

ノード ロック ライセンス:

  • 1 つのマシンで 1 つのライセンスをチェックアウトして MAP/PAR を無制限に並列実行


フローティング ライセンス:

  • 1 人のユーザーにより複数のマシンで 1 つのライセンスをチェックアウトし、無制限に MAP/PAR を並列実行


FLEXlm キャッシュの内容の確認方法およびキャッシュの消去方法:

Windows では、FLEXnet ライセンス レジストリ ディレクトリは次のとおりです。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\FLEXlm License Manager

UNIX では、この情報は $HOME/.flexlmrc に保管されています。このファイルでは、構文は variable=value です。

キャッシュを消去するには、VLM を開いて [Clear Cache] を使用します。これで、FLEX ライセンス キャッシュが消去されます。

(Xilinx Answer 44027) も参照してください。

ザイリンクス フォーラム:

インストールおよびライセンスのフォーラム ボードをからテクニカル サポートを得るようにしてください。ザイリンクス フォーラムはテクニカル サポートの主要リソースです。

ザイリンクス コミュニティに質問したり、ザイリンクス エキスパートと協力したりして、ソリューションを見つけ出すことができます。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 32301
日付 04/11/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加