UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32345

10.1 iMPACT - パラレル ケーブル III プログラミング ケーブルは高速 PC では機能しないのか

説明

パラレル ケーブル III を介して JTAG モードでデバイスをコンフィギュレーションしていると、iMPACT 10.1.03i でエラーが発生するのはなぜですか。

パラレル ケーブル III を介して JTAG モードでデバイスをコンフィギュレーションしていると、一部の PC でエラーが発生するのはなぜですか。

ソリューション

パラレル ケーブル III のタイミングは iMPACT で制御されます。iMPACT は パラレル ケーブル III の TCK 信号を 200 から 210 KHz の範囲で駆動し、約 1.2 us のセットアップ タイムを TDI および TMS 信号に提供します。 

パラレル ケーブル III の信号はすべて直接 iMPACT でパラレル ケーブル III ドライバーを介して制御されているため、タイミングは iMPACT を実行しているコンピューターのクロック スピードにある程度依存します。 

これらの数字は、850 MHz Pentium-III プロセッサを搭載した Dell 社の Latitude ノート型パソコンを使用して計測されました。 

これよりも高速な PC を使用している場合は、これらのケーブルを介したコンフィギュレーションで問題が見られる可能性があります。この問題を回避するには、JTAG モードでコンフィギュレーションするため、iMPACT で生成された SVF/XSVF ファイルを使用します。

これらのファイルはもっと遅いレートで再生されるので、ケーブルでタイミング問題が起きにくくなります。 

 

パラレル ケーブル III が TMS および TDI でどれくらいのセットアップ タイムを提供するのか、このケーブルの TCK 周波数はいくつなのかについては、(Xilinx Answer 9803) を参照してください。

AR# 32345
日付 01/31/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加