UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32391

LogiCORE Fast Fourier Transform (FFT) v6.0 - 偶数丸めを使用するパイプライン ストリーミング FFT を C モデルを使用してシミュレーションすると「ERROR:c_model:to_hex: input val 1 is out of range -1 to <+1>」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : ISE, Compiler, xFFT, MATLAB, コンパイラ

偶数丸め (Convergent rounding) を使用するパイプライン ストリーミング FFT を C モデルを使用してシミュレーションすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"ERROR:c_model:to_hex: input val 1 is out of range -1 to <+1>"

このエラーが発生するのはなぜですか。FFT C モデルと HDL コア ネットリストが一致していないのはなぜですか。

ソリューション

この問題は、FFT v7.0 で修正されています。

これはまれに発生する C モデルの問題で、ストリーミング アーキテクチャにのみ影響します。

偶数丸めを使用すると、最終的なバタフライ段階の結果が +1.0 に近くなります。丸めが幅の変更と共に行われると、この値が +1.0 ちょうどになりますが、コアでこの値を生成することはできません。そのため、C モデルで上記のエラー メッセージが表示されます。

この状況が発生すると不一致が見られますが、HDL コアネットリストが正しいです。


この問題を回避するには、切り捨てを使用するか、より控えめなスケーリング スケジュールを使用します。

LogiCORE Fast Fourier Transform (FFT) のリリース ノートと既知の問題は、(Xilinx Answer 29209) を参照してください。

C モデルを含む FFT のバージョンは次のとおりです。
v6.0
v5.0

LogiCORE Fast Fourier Transform (FFT) のリリース ノートと既知の問題は (Xilinx Answer 29209) を参照してください。

AR# 32391
作成日 04/09/2009
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般