AR# 32515

10.1 ISE - XST の実行 - Project Navigator からの構文チェックで作業ディレクトリ設定が使用されない

説明

キーワード : check, syntax, directory, properties, synthesis, path, relative, absolute, xsthdpdir, チェック, 構文, ディレクトリ, プロパティ, 合成, パス, 相対, 絶対

[XST] -> [Properties] で作業ディレクトリのプロパティが ./xst 以外のディレクトリに設定されていても、構文チェック プロセスでこの .xst ディレクトリが使用されます。合成などほかの XST プロセスでは作業ディレクトリは設定どおりに使用されます。

ソリューション

これは、構文チェックを実行するとき、Project Navigator で <project>.xst ファイルの作業ディレクトリが正しく設定されないためです。

<project>.xst の最初の 2 行を次のようにします。
set -tmpdir "./<dir>/projnav.tmp"
set -xsthdpdir ./<dir>

しかし、構文チェック コマンドには "set -xsthdpdir ./<dir>" の行がなく、"./xst" ディレクトリ (XST でのデフォルト) が作成されます。

この問題は、ISE 11.1 で修正されています。
AR# 32515
日付 03/10/2011
ステータス アーカイブ
種類 一般