AR# 32524

11.1 Virtex-5 パック - 既知の問題 - キャリー チェーン接続が配線されない

説明

デザインに配線されないキャリー チェーン接続 (COUT-->CIN スライス ピン) があります。部分的に配線されたデザイン (NCD) を FPGA Editor で表示すると、スライスが専用キャリー チェーン配線リソースを使用できるように揃えられていません。キャリー チェーン スライスが正しく揃えられていないのはなぜですか。配線ツールでは、揃えられていないキャリー接続も配線できるのではないですか。

ソリューション


キャリー チェーン スライスが揃えられていない理由は複数考えられます。

- キャリー チェーンがデバイスまたはエリア グループ範囲に対して長すぎると、複数のセグメントに分割されます。

- COUT ピンで複数の CIN ピンが駆動されていると、キャリー チェーンが分割されます。

- デザイン制約によりキャリー チェーンが正しく揃えられないことがあります。



キャリー チェーンが分割された場合、CARRYINIT ロジックへのルートスルー アクセス用に AX ピンが予約されます。関連する MUXCY の DI ピンにアクティブ信号がある場合、AX ピンを CARRYINIT で使用できるようにするため、その信号を LUT 複合体の O5 ピンを使用して LUT パックスルーに移動する必要があります。11.1 ではこのパックスルー最適化が実行されないことがあり、AX ルートスルーが使用できないために配線不可能な状況が発生します。この問題は、ISE 11.2 で修正される予定です。当面は、DI 信号に LUT1 バッファをインスタンシエートし、LUTNM 制約を使用して MUXCY の S ピンを駆動する LUT と同じ LUT 複合体に入力するようにします。
AR# 32524
日付 09/09/2010
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール