UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32607

12.1 EDK - VxWorks で Real Time Process (RTP) プロジェクトをおよびキャッシュを使用するようペリフェラルを設定する方法

説明

VxWorks で Real Time Process (RTP) プロジェクトを使用するようペリフェラルを設定するにはどうしたらよいですか。

ソリューション


PowerPC 405 :
ボード サポート パッケージを生成した後、sysCache.c および xparamaters.h ファイルを開いて、xparameters.h ファイルにリストされている各ペリフェラルに対して PHYS_MEM_DESC sysPhysMemDesc [] テーブルにエントリーを追加します。
メモリをオーバーラップさせたり、メモリー エントリーを複製したりすることはできません。また、エントリーはページ サイズ (4k) にする必要があります。エントリーには xparameters.h で定義されているインスタンス名が使用され、次のようになります。
#ifdef XPAR_RS232_UART_0_BASEADDR

/* UART 0 */

{

(void *) XPAR_RS232_UART_0_BASEADDR,

(void *) XPAR_RS232_UART_0_BASEADDR,

XPAR_RS232_UART_0_HIGHADDR - XPAR_RS232_UART_0_BASEADDR + 1,

VM_STATE_MASK_VALID | VM_STATE_MASK_WRITABLE | VM_STATE_MASK_CACHEABLE,

VM_STATE_VALID | VM_STATE_WRITABLE | VM_STATE_CACHEABLE_NOT

},

#endif



#ifdef XPAR_RS232_UART_1_BASEADDR

/* UART 1 */

{

(void *) XPAR_RS232_UART_1_BASEADDR,

(void *) XPAR_RS232_UART_1_BASEADDR,

XPAR_RS232_UART_1_HIGHADDR - XPAR_RS232_UART_1_BASEADDR + 1,

VM_STATE_MASK_VALID | VM_STATE_MASK_WRITABLE | VM_STATE_MASK_CACHEABLE,

VM_STATE_VALID | VM_STATE_WRITABLE | VM_STATE_CACHEABLE_NOT

},

#endif


PowerPC 440 :
ボード サポート パッケージを生成した後、sysMmu.c および xparamaters.h ファイルを開いて、xparameters.h ファイルにリストされている各ペリフェラルに対して PHYS_MEM_DESC sysPhysMemDesc [] テーブルにエントリを追加します。
メモリをオーバーラップさせたり、メモリー エントリーを複製したりすることはできません。また、エントリーはページ サイズ (4k) にする必要があります。エントリーには xparameters.h で定義されているインスタンス名が使用され、次のようになります。
#ifdef XPAR_RS232_UART_1_BASEADDR

/* UART 1 */

{

(VIRT_ADDR) XPAR_RS232_UART_1_BASEADDR,

(PHYS_ADDR) XPAR_RS232_UART_1_BASEADDR,

XPAR_RS232_UART_1_HIGHADDR - XPAR_RS232_UART_1_BASEADDR + 1,

VM_STATE_MASK_VALID | VM_STATE_MASK_WRITABLE | VM_STATE_MASK_CACHEABLE,

VM_STATE_VALID | VM_STATE_WRITABLE | VM_STATE_CACHEABLE_NOT

},

#endif

#ifdef XPAR_INTC_SINGLE_BASEADDR

/* INTC */

{

(VIRT_ADDR) XPAR_INTC_SINGLE_BASEADDR,

(PHYS_ADDR) XPAR_INTC_SINGLE_BASEADDR,

XPAR_INTC_SINGLE_HIGHADDR - XPAR_INTC_SINGLE_BASEADDR + 1,

VM_STATE_MASK_VALID | VM_STATE_MASK_WRITABLE | VM_STATE_MASK_CACHEABLE,

VM_STATE_VALID | VM_STATE_WRITABLE | VM_STATE_CACHEABLE_NOT

},

#endif


EDK 11.2 で生成される sysMmu.c にはサンプル コアがいくつか含まれています。EDK 11.2 は、次のサイトから入手できます。
http://japan.xilinx.com/support/download/index.htm



AR# 32607
作成日 04/24/2009
最終更新日 01/10/2011
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • EDK - 12.1